弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

2018大晦日の読書

今年も残すところあと4時間と少しとなりました。

昨年も書きましたが、毎年目標にしているのが、

年間200冊本を読む

そのうちラスト1冊は古典的作品を読む

ということです。

年末の28日に胃が悪くなり、その日は全く、また前後もほとんど本が読めなかったのですが、30日から気合いを入れて読みまくり、何とか200冊に達しました。

そして今年の古典は、シェイクスピアの4大悲劇。


f:id:okubolaw:20181231191441j:plain

このうちオセローはあまり面白いとは思えず、リア王は凄いのは分かるがなかなかついていけない。マクベスが一番筋が分かりやすくて面白く読めました。


今年も当ブログをお読みいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。では良いお年をお迎えください。



フィギュアスケート グランプリファイナル

グランプリシリーズも6戦を終え、大一番グランプリファイナル。羽生君が去年に続いて欠場となりましたが、女子は紀平梨花ザギトワの対決で例年にない盛り上がりをみせました。

ザギトワが先に2連勝し、紀平がフランス大会を制して迎えたファイナル。紀平はSPでついにトリプルアクセルを決め、82.51とこの時点でザギトワを上回る世界最高点で首位発進。

そしてフリーでは冒頭のトリプルアクセルが両足着氷でダウングレードとなりましたが、これでその日のトリプルアクセルの調子はいまひとつだと考え、続いてのジャンプはトリプルアクセルを決めてセカンドは2回転に変えてきれいに着氷しました。そして何より凄いのはここでのセカンドが2Tとなったことから、セカンド3回転を後半の3Lzの後につけるということかがジャンプに回すという冷静さで、見事フリーでも150.61で1位、完全優勝となり、五輪金メダリストを破ったということもあり大ブレイク。日曜のスポーツニュースだけでなく月曜のワイドショー、さらに火曜、そして水曜日の凱旋帰国までずっとテレビで放映され注目を浴びていました。

 

 

ファイナルで優勝した後、「紀平さんはこれまでファンの間で注目されていたの」と聞かれることがありました。

 もちろんその通りで、私がこれまで会場で紀平選手の演技を見ることができたのは、2016年の近畿選手権ジュニア、西日本選手権ジュニアと、2017年のジュニアグランプリファイナルというジュニアでの3戦のフリー、そして全日本のフリーと合計4回で、今年のNHK杯フリーが5回目でした。

 

昨年のジュニアグランプリファイナルでは冒頭の3A+3Tは決めましたが、次が1Aとなってしまい、会場では歓声とため息が聞かれました。しかし続く全日本のフリーでは見事に3A+3Tと単独3Aの2回の3Aを決めていました。この時既にTESが69.69と宮原を8.65上回っていたのですが、宮原のPCSが74.41と圧倒的に高く61.76の紀平を12点以上上回っていたため、フリーで2位、全体で3位でした。

このように、昨年の全日本ではジャンプは決めていましたが演技の印象は宮原の方が印象深く、宮原のPCS12点高かったのも納得でした。

しかし今年になっての成長ぶりは凄まじいもので、NHK杯では紀平67.55、宮原71.50とその差は縮まり、今年のファイナルでは紀平72.40宮原69.56と逆転していました。

このように紀平のPCSが急上昇したのは、フリーの曲のスケールの大きさと、それに負けないスケールの大きな滑りでしょう。

 

さてその紀平選手の良さですが、まずは身体面で、下半身だけでなく上半身も強靭なことが挙げられます。ジャンプの回転には上半身の強靱さが必要ですし、またステップも上半身の強靱さがあってこそ大きく魅力的な動きができるわけです。音楽的センスにも優れており、演技構成点の高さにつながっています。

またインタビューを聞いても、とても16歳とは思えないしっかりした考え方で、頭の良さがうかがわれます。このまま順調に伸びて行くことと思いますが、まずは今週末に門真で行われる全日本選手権。女子の2日間はチケットを確保できたので楽しみです。

 

 

 

フィギュアスケート グランプリシリーズ後半戦

グランプリシリーズも第6戦を終えました。先日、NHK杯については書きましたので、ここでは第5戦ロシア大会、第6戦フランス大会について書きます。

まずロシア大会は羽生君。SPでは今シーズン世界最高の110点台を出しながらフリー当日の朝の練習での4Loの着地でケガをするという、去年のNHK杯と同じようなことになってしまい、フリーの出場が危ぶまれましたが何とか出場し、構成を4Loを外した4S、4Tを中心に変更して何とか滑りきり優勝しました。中継の最後に、エドヴィンマートンとのハグがとらえられており、テレビ局はグッジョブ。

f:id:okubolaw:20181207003030p:plain

 

友野君が3位。前の試合では緊張したのか実力を出せませんでしたが今回は見事な演技でした。ただフリーのリバーダンスは、「曲だけリバーダンス」だったのが残念です。ちょうど先日、2009年の全日本フリーを見ることができましたが、最終グループでリバーダンスを披露した郡山君のステップは真正リバーダンスでよかったです。

 

女子はザギトワの一人舞台。初戦2位で期待された山下は残念ながら7位、白岩が5位でした。2位に入ったのはロシアのサモドロワで、ロシアの底力を感じますね。

 

終戦はフランス大会。エリックボンパール杯ではなくトロフィードフランスとなっています。

男子はSPでは何とジェイソンブラウンが96.41というハイスコア。4回転無しでもこの数字が出るのですね。大本命のネイサンチェンは出遅れ、ブラウンとは10点差がありましたが、フリーでなんなく逆転して優勝。ブラウンはフリーで3位もトータルで2位。しかしサイモンとガーファンクルという、ダンスに向いてなさそうな曲をあえて選ぶのがジェイソンらしいというか。

女子はメドベデワと紀平の対決かと思いきや、何とメドベデワがSPでミスがあり3位から、フリーでは迷いのある演技で5位となり表彰台を逃すという波乱。

SPでは紀平が冒頭の3Aが抜けてしまいノーバリューとなりましたがそれでも67.64でトップの三原にわずか0.31差の2位。本田真凛も65.37とあまり差がない4位。

フリーでは紀平は不調になってしまったということで、冒頭3Aの着氷が乱れ、次の3A3Tを2A3Tに変更せざるを得ず、しかしそれでもうまくまとめて138.28。SPもフリーもいまひとつの出来ながら後は丁寧にまとめることができるのが強みです。

三原がフリーで3位、トータルは202.81で2位になりましたが紀平と3.11差。最後の3Sが跳べていればこれ以上の点数になり、優勝すればファイナルに進出できたので残念です。その反面紀平は2連勝で大きな注目を集めることになりました。テネルが3位になったのはさすがでした。

さあいよいよファイナルです。

フィギュアスケート 2018NHK杯

11月9日から広島で開催されたNHK杯。土日の分のチケットが確保できたので見てきました。

 

大阪を朝出ると広島に10時台に着いてしまい、試合までに時間があったので、鉄ちゃんの血が騒ぎ、可部線で一度廃線になったが最近復活した区間、可部―あき亀山間に乗車してきました。

その帰りに、途中の大町駅でアストラムラインに乗り換えたら試合会場の近くに行けると思いついて乗り換え、その車中で、そういえば広島市内に国宝がなかったのかな、と思いついて調べてみたら、何とこのアストラムラインの途中駅、今通過したばかりの不動院前駅で降りてすぐの場所にあったのです。

それは安国寺不動院。安国寺の名の通り、安国寺恵瓊が中興の祖となった寺院です。広島の国宝というと厳島神社が有名すぎてその陰に隠れていたのでしょうが、この風格はまぎれもなく国宝です。

 

f:id:okubolaw:20181120230044j:plain

 

お昼頃ようやく会場に着き、肝心の競技はアイスダンス・リズムダンスの途中から見ましたが、目玉のパパダキス・シゼロン組がいつの間にか欠場となっており興味が半減となりました。その後お好み焼きを食べに行ったためペアの前半は見ることができませんでした。

いよいよ女子フリー。前日のSPは首位が3Aを決めたタクタミシェワ、僅か0.09差の2位に宮原とこの2人が76点台で抜けており、三原舞衣が70点台、紀平梨花は3Aで転倒したため69点台と首位からは約6.5点差の5位でした。

 

前半組の中ではマライアベルが素晴らしい演技で、135.99と前半グループでは飛びぬけた得点を出し本日最初のスタオベをもらい、後半グループへの期待が高まりました。

 

後半2番目の滑走が紀平梨花。A Beautiful Storm(by Jenifer Thomas)という、静かに始まりドラマティックに展開するピアノ曲に合わせて、3A+3T、3Aを見事に決め、その後も次々ジャンプを決めました。

 


B.ESP. Rika KIHIRA 紀平梨花 FS - 2018 NHK Trophy

ラスト近くでは、「これは凄い演技になるかも」という期待に、会場は息をのんだ静けさとなり、ラストのジャンプが決まると熱狂的なスタオベ。154.72というとんでもない高得点になり合計224.31と一気に首位に立ちました。 

 

10番滑走は三原舞衣。しっとりした柔らかい演技で133.82と高得点でこの時点で2位。

11番滑走はSP首位のタクタミシェワ。フリーでも3Aを決め、最後のステップでは観客を煽って会場を大いに沸かせスタオベをもらい、142.85という高得点でした。しかしこれでも紀平に届かず。

そして最終滑走は宮原。いつものように精密機械のようにジャンプを決めましたがちょっと迫力が欠けたかな、という感じでした。しかしかなりのハイレベルな演技となりスタオベをもらい、さて優勝はどっちだ、という期待の中発表された得点は143.39。合計は219.47とかなりのハイスコア、しかしこれでも紀平には及ばず、優勝は紀平梨花、となった時に会場は興奮のるつぼ。

 

このように女子フリーは歴史的な一戦となりましたが、しかしその後の男子はいまいちでした。あなご飯を食べて観戦しましたが期待のバシリエフス君やロシアのアリエフがいまいちで、最後の2人までスタオベはなし。

最後から2人目の宇野君は前半はジャンプが決まり良かったのですが、後半のコンビネーションジャンプで3回のうち1回しかつけられず、不満の残る結果となりました。自分としてはスタオベできないな、という演技。

最終滑走のボロノフは手堅くまとめて162.91.。仕方なくスタオベしました。

 

翌日は朝から呉に行きました。

f:id:okubolaw:20181123233930j:plain

 

てつのくじら館、大和ミュージアムと回り大和ミュージアムはあまりに人が多かったので落ち着いてみることが難しく、それに比べててつのくじら館は展示されているものも興味深く、また潜水艦の中に入れるので見応えがありました。最後に少し離れた入船山記念館まで行き、そこの近くのバス停から、レアラインという広島市内行のバスに乗りました。八丁堀まで行くので便利でしたが、バスで熟睡してしまい、一つ手前の最寄りのバス停で降りることができず時間がかかってしまい、アイスダンスフリーは後半組の途中からになりました。

今回はエキシビジョンの前にレジェンドオンアイスがあり、7人のレジェンドを見ることができました。伊藤みどりのシングルアクセルなど見どころ満載でしたが、高橋大輔は現役なのでアンコールがありマンボで楽しませてくれました。

エキシビションは今回のように歴史的な大会のエキシビジョンだったので見てよかったと思います。特に三原舞衣がシンデレラを演じてくれたのはうれしく思いました。

歴史的な名演技を見ることができて充実した2日間でした。

  

フィギュアスケート グランプリシリーズ前半戦

今年もグランプリシリーズが開幕しました。と書いて下書きにおいてしばらく更新する暇がなく、気づいたら何と第5戦まで終わっていました。

ããã£ã®ã¥ã¢ã¹ã±ã¼ã ã°ã©ã³ããªã·ãªã¼ãºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

第1戦のスケートアメリカ、昨年は順番が最後でしたが、今年は開幕戦となりました。やはりその方がしっくりきますね。

しかし開幕戦であるにもかかわらず、日本人は男子が出なかったせいか扱いが小さく、SPは地上波がありませんでした。このスケートアメリカ、宮原、坂本の2人が表彰台に乗りそのままオリンピック代表になった重要な試合だったにもかかわらず地上波ではSPの中継がなく、今年も関西では地上波の中継はありませんでした。そうなるとどうしても中継を見る前に結果が分かってしまい、興味半減です。

男子で驚いたのはレイノルズ君が出ていたことで、今年は事前にエントリーをチェックしていなかったのでこれには驚きました。結果は残念なものでしたが、チャレンジ精神に拍手です。

優勝はネイサンチェン。SPは素晴らしいプログラムでした、フリーとの合計で280.57と、2位のブレジナに40点差をつける圧勝でした。

女子は昨年同様、宮原と坂本のワンツーで、昨年3位のテネルは惜しくも4位でした。本田真凛はSPは4位とまずまずで表彰台の可能性も十分ありましたが、フリーで崩れて8位。

 

続くスケートカナダ、男子は宇野君の優勝は当然としてメッシングの2位は、平昌五輪で援していた者としてとても嬉しく思いました。特にSPで4T+3Tと3Aを完璧に決め、何と95点を叩き出し、宇野君を抑えて首位に立った時は自分で盛り上がりました。

女子はタクタミシェワが見事復活し3Aを決めて優勝。大本命のメドベデワはSPで何と7位と出遅れてしまい、フリーは1位となったものの3位にとどまりました。逆に樋口はSPは2位と好発進だったもののフリーで崩れて7位、トータル6位と入れ替わりの激しい一戦でした。

その間を縫って山下真湖がデビュー戦で何と2位。地元カナダのチャートランドは8位にとどまりました。昨年カナダ勢は好調だと書いたのですが、今年はオズモンドがお休み、デールマンも欠場と今シーズンは不振となりました。

 

 第3戦はGPヘルシンキ。今シーズン中国が開催を返上した代わりの大会でした。いよいよ羽生君の登場。SPで106.69とほぼ完璧な出来で高得点を叩き出すとフリーでは冒頭4Lo、途中の4Tと2本回転不足を取られたものの190点を超える得点で、2位ブレジナに40点差をつける圧勝でした。

2位のブレジナは2戦とも2位でファイナル進出となります。

女子はザギトワが圧勝。SPでは3Lzの後が1回転になってしまうミスがありましたが、フリーでは後半3Lz3Loが回転不足となったものの146.39、トータル215.29で圧勝。

坂本はSPで冒頭3F、後半の3Lo+3Tと2回も転倒してしまい7位と出遅れましたが、フリーで何とか盛り返し2位、トータルで3位となりファイナルに望みをつなぐ結果となりました。

白岩はSPは2位と絶好位につけましたが、フリーでは最後の方のジャンプが決まらず5位。代わりにロシアのコンスタンティノワがフリーでいい演技を披露し2位に浮上しました。

ここまでの3戦では男子の3強がそれぞれ1戦ずつ制して順当だったのに対し、女子ではタクタミシェワが復活しメドベデワに勝つという意外な展開となりました。

続く第4戦のNHK杯は広島で行われました。土曜日曜の2日間、現地観戦しましたが、これについては別エントリで。

 

大和文華館 高麗

10月31日、大和文華館に高麗展を見に行きました。

f:id:okubolaw:20181101181544j:plain

f:id:okubolaw:20181101181614j:plain

今回は金属工芸が集められていましたが、とりわけ素晴らしかったのがこの観音・毘沙門天像小仏龕(ぶつがん)。

f:id:okubolaw:20181101181640j:plain

とても小さなものでしたが素晴らしい小宇宙でした。