弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

読書記録  画題でみる禅画入門(浅井京子)

「奇想の系譜」といえば辻惟雄氏ですが、今年の春、上野の東京都美術館にて開催された「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」を、フィギュアスケートの世界選手権を見に行った機会を利用して、3月22日に観賞することができました。

  

f:id:okubolaw:20190815202822p:plain

 

 若冲、芦雪という辻惟雄氏の「奇想の系譜」で取り上げられた画家を堪能することができたのはもちろん、今回は白隠の禅画も展示されていました。

 

この白隠の画は、奇想といえばそうとも言えますが、本来は禅画であって、禅というもの本質が、独自の表現に表れて、奇想というような表現になったというべきでしょう。

禅画といえば、何年か前に偶然出会った仙厓の禅画も大好きで、2016年秋に東京で開催された出光美術館の「大仙厓展」永青文庫の「仙厓ワールド」で仙厓を堪能したことはこのブログの記事(盛りだくさんだった先週の週末 2016.11.03)でも取り上げています。

 http://okubolaw.hatenablog.com/entry/2016/11/03/222059?_ga=2.103041536.1008520491.1565865755-1463478512.1472130386

 

 このように以前から仙厓の禅画に興味があり、また見る機会があれば見ていたのですが、このたびこの本に出合い、読み進めていくうちにまさに蒙を開かれた感がありました。

 

画題でみる禅画入門: 白隠・仙厓を中心に

画題でみる禅画入門: 白隠・仙厓を中心に

 

 

この本は画題中心にまとめているのが有難いです。

例えば観音ですが、仏像では六観音なのですが禅画では三十三の観音があることを初めて知りました。もちろん蛤観音や貝殻観音の画は見たことがあるのですが、全部で三十三あるとは知らなかったのです。

下は白隠の蛤観音。

f:id:okubolaw:20190815213946p:plain

 これは仙厓の貝殻観音。

 f:id:okubolaw:20190815215008j:plain

 

また寒山拾得についての詳しい解説もありました。以前、京都相国寺塔頭、大光明寺を拝観したことがあり、そこに若冲と仙厓の画が掛けられており感心したことがありましたが、その仙厓の画は豊干が猫虎に乗った図でした。寒山拾得と豊干、虎の四者が寄り添い眠る四睡図も見たことがありますが、そのあたりが関連付けて分かるようになったのは非常に有難いことでした。久し振りに実になる本を読みました。

 

なお佐川美術館で今年の10月1日から、「ZENGA 白隠と仙厓展」が開催されることを知りました。以下がそのURLです。

http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2019/03/zenga.html

 

 

 

追悼ディープインパクト

北海道で種牡馬生活を送っていたディープインパクトが17歳でその生涯を閉じました。

まずは現役時代の思い出から。

2004年12月の新馬戦でデビューし楽勝。年が明けて2戦目の若駒ステークスは、見に行こうか迷って結局見に行かなかったのですが、直線だけでごぼう抜きという派手なレースで、このレースで衝撃を受けたという人も多く、見に行けばよかったと後悔しました。

ディープインパクトのレースで、私が生で見たレースは、菊花賞天皇賞だけでした。

菊花賞は一周目の3コーナーから折り合いに苦しみましたが、その後何とか折り合いを付け、直線では力強く伸び、三冠達成の瞬間をこの目で見ることができました。

翌年春の天皇賞では、武豊が馬の走る気に任せようとしたのか、3コーナーで先頭に立ち、そのまま最速の上がりで圧勝しました。実力を最大限に発揮したという点では一番のレースだったのではないでしょうか。


2006 天皇賞(春) ディープインパクト

 

また敗れたレース、3歳時の有馬記念凱旋門賞も印象に残っています。

有馬記念では追い切りの日を変更したことが一部で心配視されましたが、直線早めに抜け出したハーツクライに迫ったものの交わせず、その心配を裏付けるような結果となりました。

凱旋門賞は直線で早めに先頭に立ち、このまま行けるかと思いましたが、最後に力尽き3着となりました。

 f:id:okubolaw:20190815183213j:plain

種牡馬になってからの活躍は現在も進行中であり、能力の高い産駒が大量に出ています。

ダービー馬も現在まで4頭輩出していますが、私がこれは凄いと思ったのが「最短で、古馬G1レースを制覇する」ことでした。産駒が3歳になった年にリアルインパクト安田記念に出走して、そのまま制覇してこの記録を達成しました。

だいたい安田記念に3歳馬が出ることはそれほどないのですが、初年度に出て制覇するというのは、今後破られることがないと思います。

日本人好みのドラマ性があったハイセイコーオグリキャップと違い、純粋に強さが評価され人気があったことは特筆すべきことだと思います。

隠れ社寺訪問記(16) 応現寺 東鳴川観音講 不空羂索観音

隠れ社寺訪問記16回は、奈良市内の隠れ里、東鳴川にある東鳴川観音講 応現寺を訪問しました。

ここは毎月第一日曜日のみ公開されており、不空羂索観音を拝観することができます。6月2日に訪問することができました。

奈良市の北側から、柳生に通じる国道369号線を行き、途中で岩船寺の方向に分かれる県道33号線に入ります。東鳴川のバス停を通り過ぎてしばらくのところに右手に入る道があり、そこで車を止めて、細い坂道を登ります。

 

f:id:okubolaw:20190603151443j:plain

 

f:id:okubolaw:20190707174246j:plain

 

この場所までくると、右に曲がる舗装道路ではなくまっすぐ奥に進むので注意。

舗装道路の方を行くと春日明神が鎮座しています。

 

f:id:okubolaw:20190707174520j:plain

 

さて本題の不空羂索観音は、このお堂の中に鎮座されています。

f:id:okubolaw:20190707174621j:plain


毎月第1日曜日に公開されており、近隣の住民の方々が公開の御世話をしておられます。この方々のご尽力により素晴らしい不空羂索観音像を拝観することができます。

 

f:id:okubolaw:20190603155022j:plain

f:id:okubolaw:20190603155043j:plain

八臂ですが下の腕が膝より下に下がっており、初めは六臂かと思いました。

ちょうど私が訪問した時には、埼玉県から来られた方もおられました。遠くからでも訪問する価値のある仏像だと思います。

谷町・九應寺から宝塚記念へ

6月の非公開文化財特別公開第3弾は、生国玉神社の南、生玉寺町にある九應寺でした。23日の日曜から火曜までの3日間でしたが、日曜日には阪神競馬場宝塚記念がある。谷町9丁目であれば、13時に行きその後すぐに仁川に直行すれば宝塚記念を見ることができるのではないかと考えて行くことにしました。

f:id:okubolaw:20190624231446j:plain



上の地図は現地にあったものです。

真ん中の右手にある緑の部分は生国魂神社で、その下(東側)の道を左(南)に進むと今回公開される九應寺です。

 

f:id:okubolaw:20190624231306j:plain

開場前からこのように列ができていました。

 

f:id:okubolaw:20190624231402j:plain

ご本尊と対面。

この阿弥陀仏はこのあたりが空襲にあった時、当時の住職が運び出し焼失を免れたものです。

f:id:okubolaw:20190624183221j:plain

表情がおおらかで柔らかな阿弥陀仏をじっくり間近で見た後、急いで谷町線四天王寺夕陽丘駅に。この駅は地下に降りたらすぐにホームに出られるので助かります。

 東梅田から阪急に乗り仁川へ。

f:id:okubolaw:20190624235553j:plain

パドックでのリスグラシュー

f:id:okubolaw:20190624231237p:plain

この日はパドックに長く居すぎたため、レースを見るのにいい場所までたどり着けませんでしたが、そんな中で何とか1周目の直線で勝ち馬リスグラシューを撮影することができました。

 

 

f:id:okubolaw:20190624232103p:plainリスグラシューはこれまで後方から差して届かずが多かったのですが、今回はレーン騎手に乗り替わると何と2番手につけ、直線に入ると逃げるキセキを交わして3馬身差をつける圧勝劇。父のハーツクライ有馬記念で突如先行してディープインパクトをやぶったことを彷彿とさせる走りでした。

帰りは今津から快速急行で帰ったのですが、電車の中で爆睡してしまい、目が覚めたら奈良駅の手前のトンネルでした。西大寺までは2年に一度くらいはありますが、奈良まで行ってしまったのは初めてでした。まあまだ6時なのでそれだけよく眠れてよかったというべきでしょう。

読書記録 有栖川有栖「幻坂」と山本巧次「阪堺電車177号の追憶」

今回は大阪のディープサウスを舞台にした2作を紹介します。

有栖川有栖の「幻坂」と「阪堺電車177号の追憶」の2作です。

「幻坂」は、大坂の千日前通より南の、谷町と松屋町筋を結ぶ天王寺七坂を舞台にした怪談集です。

幻坂 (幽BOOKS)

幻坂 (幽BOOKS)

 

 この本の巻末近くに掲載されている地図がわかりやすいので貼り付けます。

f:id:okubolaw:20190604190820j:plain

 この作品を読んでいるうちに、天王寺七坂を訪ねてみたくなり、行って写真を撮ってきました。

f:id:okubolaw:20190616214312j:plain

f:id:okubolaw:20190616214235j:plain

 

f:id:okubolaw:20190616214414j:plain

 

f:id:okubolaw:20190616214721j:plain

f:id:okubolaw:20190616214831j:plain

f:id:okubolaw:20190616215002j:plain

最後の逢坂も、石碑があるのですがそれを入れると坂が入らなくなるのでこの写真にしました。

f:id:okubolaw:20190616215113j:plain

このように、拡張されて国道の一部となった逢坂を除きいずれも風情のある歴史を感じさせる坂道です。

「幻坂」はこの風情ある坂をそれぞれの短編の舞台にしました。紀行エッセイなどを得意としている有栖川有栖ならではの作品となっています。 

 

さてこの逢坂から少し西に行くと阪堺電車の始発駅である恵美須町に着きます。

 阪堺電車恵美須町天王寺駅前の2か所を始発として、住吉で合流し、浜寺駅前まで行く路面電車です(一部専用軌道も走ります)。

この阪堺電車を舞台とした連作短編集がこちら。

阪堺電車177号の追憶 (ハヤカワ文庫JA)

阪堺電車177号の追憶 (ハヤカワ文庫JA)

 

 こちらは阪堺電車の車内で読んでみました。

f:id:okubolaw:20190616221336p:plain

177号は廃車になってしまいましたが、同じ金太郎塗装の505号に出会うことができました。

 

f:id:okubolaw:20190616221423j:plain

この阪堺電車は高校生の時には通学で毎日乗っていたものですが、実家も引っ越し今ではあまり乗ることはありません。この週には花田口電停の近くで中学の同窓会の幹事会があり乗る予定が分かっていたのでこの本を持って読みながら乗ることができました。

ちょうど姫松を通るときに、姫松が舞台になっている箇所が出てきたりとそのシンクロ具合が面白かったのでした。

国宝の殿堂 藤田美術館展

奈良国立博物館にて「国宝の殿堂 藤田美術館展」が開催されています。5月19日に見に行きましたが、これは素晴らしかった。

 

f:id:okubolaw:20190524181948j:plain

藤田美術館大阪市内にありますので、何回か訪れたことがあります。

かなり小さな美術館で、国宝の窯変天目があるとはいえ、個人コレクションなのでそれほどの点数があるとは思いませんでした。

しかし今回、奈良国立博物館の展示場をフルに使った展覧会が開催され、改めてその凄さに驚かされることになりました。 

 

f:id:okubolaw:20190524181919j:plain

会場入り口は2階ですが、ここで窯変天目を近くで見るための行列ができていました。1時間待ちでしたが、さすがにこれは近くで見ないと行った価値がないので並びましたた。

 この窯変天目は以前に見たことがあります。

窯変天目は現存するものがわずか3点で、今年はそのすべてが公開されるという貴重な時期で、滋賀県のミホミュージアムでの大徳寺龍光院の窯変天目を先月見に行きました。

 

miho.jp

さて最初に窯変天目を見た後は、他の展示品をゆっく見て回ります。中には以前見たものもあります。「玄奘三蔵画」は奈良国立博物館で全巻見ましたし、

 

 ところで一番驚いたのはこの「仏像彩画円柱」です。

f:id:okubolaw:20190524181850j:plain

 奈良国立博物館は天井が高く大きな画を展示することができるので、今回、立てて並べているものを見ることができたわけですが、しかしよくこんな大きな柱を買ったものだと感心してしまいました。

 

下の地蔵菩薩は初めて見ました。 

f:id:okubolaw:20190524182005j:plain

 この地蔵菩薩立像もよく彩色が残って素晴らしい。

 

窯変天目は素晴らしかったのですが、それ以上に藤田伝三郎のコレクターとしての凄さに圧倒された展覧会でした。

6月9日まで開催されています。

隠れ社寺訪問記(15) 木津川市 高田寺+大仏鉄道の遺構

この隠れ社寺訪問記も久し振りのエントリになります。

5月12日に木津川市の高田寺を訪問しました。

ここは、平地の小さな集落の中にありますが普段は予約制になっているので、隠れ社寺に認定します。

 

f:id:okubolaw:20190512225619p:plain

大和路線の加茂から南に行きます。県道44号線から西に高田の集落があり、そこに高田寺があります。

 

f:id:okubolaw:20190512225022j:plain

 ご本尊は薬師如来です。

f:id:okubolaw:20190513184013j:plain

ご本尊の前には狛犬が、そして両脇には阿弥陀仏不動明王がいらっしゃいました。

 

f:id:okubolaw:20190512230036j:plain

このお地蔵さんには「よあそび地蔵」という名がついています。村の若者がよく持ち出していたようで、それを地蔵さんが夜遊びしたと言ったことからこのような名前がついたとのことです。

 

下はオオヤマレンゲ。モクレン科の植物です。まだつぼみが多かったのですが、少しだけ咲いている花がありました。

 

f:id:okubolaw:20190512225051j:plain

 

ここの近くに大仏鉄道の遺構があるというので行ってみました。

 

f:id:okubolaw:20190512225353j:plain

 

この大仏鉄道の遺構巡りは、結構案内が整備されています。

下の写真は、上の図の3観音寺橋台です。 

f:id:okubolaw:20190512225152j:plain

車で木津川台ニュータウンに移動し、京大農場の奥にある大仏鉄道公園の奥に廃線跡があります。

 

f:id:okubolaw:20190512231106j:plain

この道路は大仏鉄道の線路跡です。ガードレールのあたりの下は隧道になっています。

 

f:id:okubolaw:20190512231208j:plain

「赤橋」と名付けられた遺構です。

 

f:id:okubolaw:20190512231231j:plain

 梶ヶ谷隧道。今も農道として使われています。

この大仏鉄道の廃線跡奈良市民なので話は聞いていたのですが、ここまで整備されているとは思いもよりませんでした。今回は4箇所だけでしたがその他も回ってみようと思います。