弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

2017グランプリファイナル

2017年のグランプリファイナルは名古屋開催でした。3日目の女子フリーその他と最終日のエキシビを現地観戦することができました。

ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート競技大会 愛知・名古屋2017

 

地元にてこんなフリーペーパーが配布されていました。

宇野君が出ることができて本当に良かったと思います。

f:id:okubolaw:20171211115000j:plain

 笠寺の日本ガイシアイスアリーナはこれまで何度か行ったことがありますが、小さいので国際大会は大丈夫かなと思っていたら、いつものアイスアリーナではなくホールでの開催でした。

 

3日目の競技はジュニアのアイスダンスからでしたが巨大エビフライを食べていたせいで見ることができず、何とかジュニア女子から見ることができました。

ジュニア女子は紀平の3Aコンボに注目が集まる中、見事に3A+3Tを決めて会場が大いに沸きました。ただ次の3Aは力が入りすぎたかパンクして残念。

 

続くペアフリーは、3日目で一番盛り上がった競技だったのではないでしょうか。中国のスイ・ハン組とサブチェンコ・マッソー組の頂上対決かと思っていたらSPではスイ・ハンが3位になって首位と3.6差になっていましたが、フリーで真骨頂を見せてくれました。

このペアのトゥーランドットは、ダイナミックでありながらも情感あふれる演技で、途中で一度遠くに離れた二人が再度近付く構成も良かったのですが、

やったぞ!という表情で抱き合う二人。155.57という高得点でこの時点でトップ。

 そしてサブチェンコ・マッソー組。ご存知のようにサブチェンコはいつから出てるんだというくらいのベテランで今回また新たなパートナーと五輪に出るという凄い選手ですが、また今回も凄い演技となりました。157.25はフリーでもトップの完全優勝です。

 

続くアイスダンスは予想通りパパダキス・シゼロン組とバァーチュー・モイア組の2強対決となりました。差がよく分かりませんが、パパダキス・シゼロン組がフリーでもトップの120.09をたたき出して勝ちました。シブタニきょうだいは演技後のキスクラでアレックスがあー、失敗したという表情でしたが、実際にもフリーダンスは6位でしたが、何とか全体で3位にとどまりました。

 

f:id:okubolaw:20171211115040j:plain

 

肝心の女子フリーは日本選手の点数が今一つで、他の選手も完璧とはいかず、盛り上がりに欠けました。

まず登場した樋口ですが、パンクしてしまう悪い癖が久しぶりに出てしまう。

宮原は一見パーフェクトに見えた演技でスタオべを貰っていましたが残念ながら前半の3Lz3T、が回転不足で点が伸びず。

 

オリンピック代表争いも、ファイナルに出たこの二人が代表に近づくには出ただけでなく表彰台が必要だったはずでしたが、宮原、樋口ともアドバンテージを生かせず、勝負は三原舞衣も含めた全日本ほぼ一本勝負となりました。宮原が繰り上がり出場できた時点では、断然宮原が有利になったと思ったのですが、分からないものです。

 

また気になったのが記者席の行動で、たまたま記者席の後ろだったのですが、日本選手の演技が終わったらその直後、ほとんどの記者がインタビューのためミックスに向かってしまいました。インタビューも良いのですが、他の選手の演技やその演技に対する会場の反応などを直接見られた方がよいのではないかなと思ってしまいました。翌朝の新聞を見たらやはり宮原と樋口のことしか書いてないし、昔ならそんなものかと思いましたがグランプリシリーズは全部放送されているので海外の選手もみんな知っているのでそれはどうなのかと。

 

さて最終日のエキシビ。オープニングはユーリon I CE。

「月の光」を楽しみにしていたコストナーですが、何とボンゾで、しかも前半の喜多郎がなくドラムソロだけという強烈なバージョンでした。

リッポンは歌うだけでなく、歌に続いてちゃんと滑っていました。

 

神が遺(のこ)した秘宝-春日大社は平安の正倉院@春日大社国宝殿

久しぶりに春日大社の宝物館国宝殿に行きました。平成28年10月、宝物館がリニューアルして国宝殿となってからは初めてです。

今回の展示は、

神が遺(のこ)した秘宝-春日大社は平安の正倉院

というものです。

f:id:okubolaw:20171214104457j:plain

 

行ったのは11月25日で、七五三参りの参拝者が多いということで、バスが近くまで行かず、結構歩かされてしまいました。

 

1階はインスタレーション空間となっており、ただ鼉太鼓は複製のもので(以前は本物が展示されていました)した。以前は実物が展示されていました。

 

2階に上がると、国宝に指定されたご神宝がたくさん。

 特にこの琴は見事な美しさを保っています。

 

f:id:okubolaw:20171201175327j:plain

 

笙も生命を感じさせるものです。

 

f:id:okubolaw:20171201175349j:plain

またかわいらしい鶴や磯形も展示されていて、なごやかな気分になります。

 国宝 若宮御料古神宝類 金鶴及銀樹枝

下は舞楽面。春日大社では舞楽始という行事が成人の日に行われており、一度見に行ったことがあります。古式ゆかしいゆったりした動きが素敵でした。

 

重要文化財  舞楽面散手(さんじゅ)


f:id:okubolaw:20171212165809p:plain

今回の展示は12月13日までですが、 次回は12月22日から、「伝説の名刀たち」という展示が行われます。

フィギュアスケート 2017GPシリーズ6戦を終えて

2017年グランプリシリーズは6戦が終わり、いよいよファイナルを残すのみとなりました。

f:id:okubolaw:20171201175523j:plain

今年のグランプリシリーズは大荒れで予想外の結果が続きました。

 

*欠場した人

怪我した選手も多く、羽生君は2戦目のNHK杯の練習中に捻挫してリタイアしたのでファイナルに出られず。そしてメドベデワも骨折でファイナル欠場となってしまいました。さらにはワグナーまでスケートアメリカのフリーの途中で演技をやめてしまったのには驚きました。皮膚の違和感で捻挫とかではないようなのが不幸中の幸い。

なおNHK杯ではパトリックチャンもいつの間にか欠場していましたがこれは大きなけがということではないようです。

またボーヤン・ジンも4Lzを跳ばないなあ、と思っていたらやはり問題があったようでファイナルは欠場となりました。代わりにジェイソンブラウンが出場します。

 

またそもそもシリーズに出られなかったのがグレーシーゴールド。体重コントロールからの問題ということですが、このところエレガントさを増していたので欠場は残念です。

ジ・ジュンリも中国杯にエントリしていましたが取り消しで、結局グランプリシリーズでは見られませんでした。こちらは何が問題なのかよく分かりません。

オリンピックシーズンということで、調整が難しいということもあるのでしょうが、残念です。

 

*復活した人

他方で、復帰した人もいます。

中でもポリーナ・エドモンズ。その変貌には驚愕しました。お嬢様然としたタイプで、ジャンプもふわっと回るタイプでしたが、宝塚の男役のようになっていました。

またロシアのサハノビッチは、福岡で開催されたジュニアグランプリファイナルにも出場しておりサインをもらったのですが 、同じ大会に出ていたメドベデワとソツコワがグランプリシリーズで活躍しているのに比べ地味になってしまっていました。一戦だけでしたがシリーズ出場、しかもプルシェンココーチのデビューという点でも喜ばしいと思います。

 

*その他気になった選手たち

長洲未来は3Aをプログラムに入れていますが盛り上がります。 

フランスのルカブリエはマリリンモンローメドレーなかなかよいと思ったのですが肝心のフランスでのフリーでは出来が悪くて残念。

男子ではリッポンが良かったのと、コリヤダの成長が目立ちました。同じロシアのボロノフはNHK杯で優勝。「疲れた」と呟いたのがお茶目。

 

このシリーズ6戦では、4カテゴリーですべて前シーズンの世界チャンピオンを揃えたNHK杯が一番だったはずでしたが、羽生君とパトリック・チャンの欠場でレベルが下がってしまいました。女子はフランス、男子はアメリカでしょうか。ただ最終戦のアメリカの女子は、日本人としては盛り上がりました。宮原が復活し優勝。

これは、と思っていたらメドベデワが欠場としいうこで、繰り上がり出場となり、一気にファイナル優勝候補となりました。 

 

さて今年のファイナルは名古屋で行われます。何とか土曜と日曜のチケットが取れて見に行きます。土曜にジュニア女子があり、何と言っても紀平は楽しみ。先日行われた全日本ジュニアで、冒頭3A3T2Tを決め、直後に再度3Aを決めましたが、この演技が再現されればと思います。

 

 

 

 

 

末法展@細見美術館

 

国宝展に沸く京都ですが、細見美術館にて注目の展覧会が開かれています。

その名も「末法」。

 

f:id:okubolaw:20171124101829j:plain

 

 

23日に見に行きました。

「夢石庵」というコレクターのコレクションからの展示というものですが、そんな人は聞いたことがないなあ。杉本博司さんの変名だろうか。

 

まずは第一展示室。仏教美術コレクションですが魅力的な神像もあります。

f:id:okubolaw:20171128225023p:plain

 

展示室の間に、杉本博司の Accelerated Buddhaというインスタレーションがありました。これはsea of buddhaが加速されて行くというもので、とても面白い。

  

 

f:id:okubolaw:20171128225131p:plain

 

第二展示室は仏教関係以外のものが集められていますが、何というか暗いものが多く、応挙ですら驟雨江村図という暗い嵐の画でした。 

下は印地打図屏風。子どもの石投げ合戦らしいですが、画面の暗さに惹かれます。

 

 

f:id:okubolaw:20171124101903j:plain

続いて第三展示室。この展示には驚かされました。

f:id:okubolaw:20171124101849j:plain

紺紙金字法華経 平基親願経 平安・治承4年(1180)年 細見美術館 

 

この末法展は12月24日まで。 

 なお当日は東福寺に寄り紅葉を見てきました。ここは駅近で紅葉の渓谷美が楽しめるので毎年のように行っています。凄い人出でした。

 

f:id:okubolaw:20171128224841j:plain

国宝展(3期、4期)@京都国立博物館

京都国立博物館で開催中の国宝展、1期、2期に続き3期、4期も見に行きました。3期は11月3日、4期は11月19日といずれも土日祝でしたので混雑していましたが、30分ほどで入場できました。

まずは3期。目玉は最古の国宝である金印。これは以前福岡市博物館で見ましたが、とにかく小さいので見るにはかなり近づく必要があります。金印を見るための行列が中でできていました。

 

 

 

また3期、4期通しては神護寺肖像画の3幅。これは最近の研究で、これまで言われていた人の肖像画ではないのではないかと言われているものです。

平重盛

 

源頼朝

f:id:okubolaw:20171121234913p:plain

 

藤原光能

 

また以前にも見たことがありますが、瓢鯰図も有名ですね。

 

国宝『瓢鮎図』の謎解きでわかった!禅は面白い!! 

 

瓢鯰図のことを友人に話す時に「上に漢字が沢山書いてあるやつ」と、ものすごく頭の悪い言い方をしてしまいましたが、上の賛の意味は、こちらのサイトが参考になります。

https://intojapanwaraku.com/art/20161013/5444

 

intojapanwaraku.com

 

 さて4期ですが、ここまでくるとかなり見たものが多くなってきました。それでも書跡、中国の部屋はかなり展示替えが多く見応えがありました。

 

今回の目玉は燕子花図屏風 尾形光琳筆です。

http://webmagazine.gentosha.co.jp/hashimally/img/vol222_ph.jpg

「燕子花図屏風」の画像検索結果

 

同じ部屋にあった蕪村の夜色楼台図 与謝蕪村筆は初めて見ました。

f:id:okubolaw:20171121234752p:plain

 

4期にわたって国宝を満喫することができ、達成感がありました。11月19日にはその後京都競馬場に行きマイルチャンピオンシップを見ました。こちらは結構空いておりちゃんと座れました。菊花賞に比べると迫力が乏しかったなあ。

国宝展は11月26日まで。

 

 

「陰陽師」ゆかりの地を訪ねて

今シーズンのフリーで羽生君が演じるのが「陰陽師」。2年前のプログラムをマイナーチェンジしてオリンピックシーズンのプログラムとしました。NHK杯の欠場は残念でしたが早く回復してくれることを願います。

ちょうど京都秋の特別公開で、陰陽師に関係する大将軍八神社の宝物が公開され、そこから晴明神社にも立ち寄りましたので、土曜日には交野に行き陰陽道に関連する星田妙見を訪ねましたのでまとめてみました。

まずは大将軍八神社。京都の西陣にあります。京都駅から山陰線で円町に行き、そこから北の方にあるくと商店街がありその一角にあります。

 

f:id:okubolaw:20171111230347j:plain

外見は何ということもないのですが、宝物館に祀られている神像が圧巻です。

宝物館では、1階は大将軍神像、2階に土御門家の天文に関する展示がありました。

まずは星曼荼羅のパネルが展示されていますが、これは奥にある大将軍像の説明となっています。以下は京都国立博物館のサイトから見つけた画像です。

 

f:id:okubolaw:20171111230414p:plain

この星曼荼羅が、奥の部屋で神像により展開されています。武官と神官がずらりと並んでいますが、なぜか童子像が一体あります。

 

f:id:okubolaw:20171109113851j:plain

 

さて2階の目玉はこの天球儀。「天地明察」の主人公、渋川春海が使っていたものだということです。

 

f:id:okubolaw:20171109113829j:plain

 

 

さてここからは一条妖怪ストリートとなっている商店街から、北野商店街を歩いて、報土寺に行きました。ここは陰陽師とはあまり関係なさそうですが、写真を載せておきます。

 報土寺では阿弥陀如来像が博物館から里帰りしていました。

f:id:okubolaw:20171111232227j:plain

 

その後は時間ができたので、歩いて晴明神社を経て冷泉家に行くことにしました。

晴明神社の鳥居の前に立って驚きました。何と太陽が2箇所から射しているではありませんか。

f:id:okubolaw:20171111230024j:plain f:id:okubolaw:20171111230055j:plain

右側はビルの窓の反射ですが、しかしこのような妖術を使うとは。晴明神社おそるべし。

絵馬は羽生結弦選手を応援するものが多かったのですが、右下のものは違うのではないかな。

 

f:id:okubolaw:20171111230250p:plain

 

NHK杯を欠場して以来、早い回復を願うファンが晴明神社を訪れて祈願しているということです。

この日は冷泉家を見て京阪で大阪に戻りました。 

 

 

さて11月11日の土曜日、陰陽道関連ということで交野市の機物神社、星田神社、星田妙見宮に行きました。

このあたりを訪問しようと思ったのは、本の整理をしていたら次のような本が出てきたからです。 

陰陽師ロード――安倍晴明名所案内

陰陽師ロード――安倍晴明名所案内

 

安倍晴明名所案内という副題がついています。何とタイミングよく出てきてくれたのでしょうか。 

 

 

f:id:okubolaw:20171111230908p:plain

 まずは機物神社。この神社の祭神は天棚機比売大神ですが、これは織姫ですね。

f:id:okubolaw:20171111231146j:plain

 

続いては星田神社。  

 

f:id:okubolaw:20171111231242j:plain

そして本日のメイン、星田妙見宮へ。ここは北斗七星を祀っています。

 f:id:okubolaw:20171114214440j:plain

すぐ近くは住宅地なのに、鳥居をくぐると深山の趣があります。

f:id:okubolaw:20171111231406j:plain

石段をかなり登り、上に上がると本殿です。

f:id:okubolaw:20171111231515j:plain

展望が開けたところからは交野、枚方を望むことができます。

f:id:okubolaw:20171115234451j:plain

 

帰りは別の道から降りると、七星塚を全部回ることができます。

これはその一つ、文曲星。

 

 

f:id:okubolaw:20171111231536j:plain

 

ということで、偶然に導かれていくつかの史跡をめぐりましたが、普段あまり見ることのない、摩訶不思議な感じを受けることが多く、なかなか楽しい史跡巡りでした。

 

2017NHK杯フィギュア

11月10日から、大阪市中央体育館でNHK杯フィギュアスケートが開催されました。 

 2017NHK杯フィギュア

 

初日だけ現地観戦することができました。2日目のフリーは見たかったのですが、何度トライしても全くかすりもしませんでした。これまで遠方なので観戦を見送ったケース(去年のNHK杯など)はありましたが、大阪開催なので、見たかったのですが、チケットをトレードで買おうとしてもあまりに高値で断念せざるを得ませんでした。

その高値の原因となった羽生君は欠場。残念ですが仕方ありません。

 

結局、土曜日は交野市の陰陽師に関係する所を訪問し、それから家でテレビ観戦することにしました。

 

さて今回は、女子シングルについて、浅田真央の幻影という補助線からみていきたいと思います。

 

私がフィギュアスケートを初めて会場で見たのが2005年のNHK杯、その時には浅田真央は出ていなかったのですが、この年にグランプリシリーズにデビューしていました。翌年のNHK杯で初優勝し、それから昨年の全日本選手権のフリーまで見ましたので、私のフィギュアスケート観戦は浅田真央の存在がデフォルトになっていました。 

 

浅田真央といえば3Aですが、今大会でも3Aを見ることができました。

トライしたのは長洲未来。2008年代々木でのNHK杯で初めて見たときは、小柄な子供がきびきび動いているという印象でしたが、その後体が大きくなり一時不振でしたが、昨年あたりから再度一線級に戻ってきました。その彼女が今シーズン、3Aを習得したことには驚かされました。

浅田真央の試合の時は、6分間練習の後半は一身に注目を集め、まず2Aを2回跳んで、最後に3Aにトライして終るという流れでしたが、3Aが決まると会場からどよめきが起きたものでした。

長洲未来もSP、フリーの両方とも3Aにトライして着氷してみせると、やはり会場から大きなどよめきが。女子の場合、この大きなどよめきは3Aを着氷したときだけにみられるものです。このどよめきを聞けただけでも、会場に行った甲斐がありました。

 

また本郷理華浅田真央と実はライバルというべき関係で、2人揃って出た試合での点数があまりに近いことに驚きますが、昨年浅田真央が不調だったのと同じように不調になってしまったことにも因縁を感じました。

 

最後に取り上げるのが宮原知子のフリー、蝶々夫人蝶々夫人というと、浅田真央の復帰した2015年のフリーのプログラムと、どうしても比較することになってしまいます。

今回初めてこのフリーのプログラムを観ることができました。ジャンプが上がっていないなど、まだ練習が足りないという点はありましたが、それより残念だったのはプログラムが盛り上がりに欠けたことです。

浅田真央のプログラムでは、ボーカルが「ある晴れた日」のあの有名なフレーズを力強く歌い上げるところでイーグルを披露するところが大きな山場で、冒頭の3Aとともに見せ場になっていました。

 


プッチーニ 《蝶々夫人》 「ある晴れた日に」 マリア・カラス(1)

この4分10秒過ぎくらいのフレーズですね。

 

が、残念ながら今回の宮原のプログラムは、ピアノで少しだけそのメロディが出ては来るのですが、ほんの少しだけで、盛り上がるところがあまりなく終ってしまいました。ジャンプなどは、これから良くなってくるとは思いますが、曲の構成も考えてほしいと思います。今ならまだ変えられると思いますので。