弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

「陰陽師」ゆかりの地を訪ねて

今シーズンのフリーで羽生君が演じるのが「陰陽師」。2年前のプログラムをマイナーチェンジしてオリンピックシーズンのプログラムとしました。NHK杯の欠場は残念でしたが早く回復してくれることを願います。 ちょうど京都秋の特別公開で、陰陽師に関係す…

2017NHK杯フィギュア

11月10日から、大阪市中央体育館でNHK杯フィギュアスケートが開催されました。 初日だけ現地観戦することができました。2日目のフリーは見たかったのですが、何度トライしても全くかすりもしませんでした。これまで遠方なので観戦を見送ったケース(去年…

京都2017秋の特別公開 南山城(現光寺、常念寺、西念寺、大智寺、常念寺精華町)

毎年春、秋の恒例の京都非公開寺院特別公開。今回は南山城の寺社が公開されるということで、現光寺、常念寺、西念寺、大智寺、常念寺(精華町)の5ヶ寺を訪問しました。このあたりは一般の方には交通の便がよくなくて不便だと思いますが、私の家からは近く車で…

三連休の行動記録

先週金曜からの三連休はかなり充実していました。 まず金曜日は京都に。和久傳で昼食を食べました。 柿の器にほうれん草の白和え 雲丹と木の子の茶碗蒸しあんかけ 海老いも饅頭、鴨ミンチ入り 子持ち鮎のかまめし お菓子 白いんげん餡をいただきました。 そ…

PVが10000を超えました。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。11月4日に、当ブログのアクセス数累計が10000 PVを超えました。皆さまのご厚意に感謝いたします。これからもよろしくお願いします。

柳沢淇園@大和文華館

近鉄学園前駅からほど近い、大和文華館にて開催されている柳沢淇園展を見ました。 赤穗浪士で有名な柳沢吉保の甲府藩の家老の家に生まれ、後半生は大和郡山に転封となりました。柳沢吉保の偈も展示されていました。 濃いですね。 柳沢淇園は、1703年生まれ、…

追悼 遠藤賢司

遠藤賢司の訃報に接しました。 中学生の頃1973年12月27日、なんばの高島屋ホールで、六番町コンサートというのをやっていて、何と100円だったので見に行きました。他に金森幸介、布谷文夫が出演。 曲目はあまり覚えていませんが、「満足できるかな」を延々と…

国宝展(第1期、第2期)@京都国立博物館

10月3日から、京都国立博物館で「国宝」展が開催されています。 現在は第2期ですが、1期、2期に1回ずつ、見に行きました。 第1期は3連休の最後の9日の月曜日に行きましたが、入り口で40分待ちと言われました。ただ、建物の中に入って行列に並んでいたので、…

超不良馬場の菊花賞

台風が接近して開催が危ぶまれた菊花賞を見てきました。 もともとこの日は京都国立博物館の「国宝」展第2期を見てから菊花賞を見る予定にしていたので、多少雨が降っても見に行く予定でしたが、台風が接近しているとなると考えものでしたが、どちらも中止に…

隠れ社寺訪問記(7) 大阪市住吉区 西之坊

隠れ社寺訪問記、このところ大阪が続いていますが今回も大阪です。 住吉区にある西之坊。10月1日から3日まで特別公開されました。 この前紹介した東大禅寺は住吉東駅の東側にありましたが、今回は住吉東駅の西側です。 古くからの住宅街の中に西之坊がありま…

映画「サーミの血」を見ました。

映画「サーミの血」をテアトル梅田で見ました。 映画館で映画を見るのは久しぶりです。最近は昼食後居眠りをしてしまうことが多く、映画を見に行っても寝てしまう危険性が高いからです。 スウェーデン北部、ラップランドに暮らすサーミ人の物語ですが、実は…

ノーベル文学賞はカズオ・イシグロに

昨日はノーベル文学賞の発表があり、カズオ・イシグロが受賞しました。 ここ数年、村上春樹が受賞するのではないかと言われていましたが、昨年のディラン、今年のカズオ・イシグロと、ある意味村上春樹の世界と近い人が受賞したと言えるのではないでしょうか…

茨木麦音フェスタ

9月23日、24日の2日間、大阪府茨木市で第6回麦音フェスタが開催されました。 野外で音楽(プログレ系が多い)を聴きながらクラフトビールを楽しもうというコンセプトのこの催し、今回で6回目のようですが、友人のバンドが出るというので初めて参加しました。 …

書類送検とはなにか

先日、大阪のミナミで未成年者と飲酒その他に及んだという容疑で捜査されていた俳優の小出恵介さんが、書類送検されたという報道がありました。 この書類送検、新聞やテレビなどでは時々聞く言葉ですが、刑事訴訟法には、送致するという文言はありますが、書…

読書記録 「自民党ー「一強」の実像」「ポピュリズムとは何か ー 民主主義の敵か、改革の希望か」

今回は、最近読んだ本の中から政治関係の本を2冊取り上げます。 いずれも最近、人文関係の優れた研究書を出している中公新書です。 自民党―「一強」の実像 (中公新書) 作者: 中北浩爾 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/04/19 メディア: 新書 この…

時刻表にない鉄道 その4 天橋立ビューランド

さて前のエントリで書いたように、舞鶴から天橋立に移動してスロープカーに乗りました。 天橋立駅で下車し、駅の裏手にある天橋立ビューランドへの乗り場に向かいます。 天橋立ビューランドは山の上にあり、「モノレール」とリフトが選択できますが、私は当…

青春18切符の旅(3) 舞鶴

この夏も青春18切符を利用して日帰りの旅に出ました。今回の目的地は舞鶴。 舞鶴に行くには綾部を経由しますが、綾部までは京都から山陰本線経由と、大阪から福知山線経由の二通りがありますが、行きは京都から山陰本線に乗りました。 嵯峨野を過ぎて、保津…

「氷艶」と「THE ICE」

先週から今週にかけてフィギュアスケート関係の放映をいくつか見ました。 まずはNHKBSプレミアムで放映された「氷艶」。 筋はよく分かりませんでしたが、芝居の国の英雄である義経と大悪人である仁木弾正が戦うという話。神話の時代の人物から江戸時代の仁木…

「怖い絵」展@兵庫県立美術館

8月中旬以降は体調がすぐれず、なかなかブログを更新することもできませんでしたが、ようやく更新する体力が戻ってきたので、これからまた頑張って更新していきます。 もう1か月前になってしまいましたが、8月12日に、兵庫県立美術館で「怖い絵」展を見まし…

読書記録「意識高い系の研究」

この本は書いてあることそのものは面白かったのですが、ただし分析の前提となる枠組みがきちんと考えられていないのが勿体なく思いました。 「意識高い系」の研究 (文春新書) 作者: 古谷経衡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle…

奈良国立博物館 源信展(後期)

奈良国立博物館の「源信」展。既に終了していますが、2日に後期の展示を見てきました。 前期を見て、六道絵の凄さに圧倒されましたが、後期もこれに劣らず見応えが十分でした。 まずは地獄絵から。 国宝の地獄草紙です。キャラが立っていますね。 そして後期…

読書記録 「秘伝・日本史解読術」荒山徹

この著者の小説は何冊か読んだことがあります。代表的なのはこの作品でしょう。 徳川家康 トクチョンカガン (実業之日本社文庫) 作者: 荒山徹 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 クリック: 17回 この商品を含むブログ (4件) …

ブライアン・オールディス追悼

先日、山野浩一の追悼記事を書きましたが、それに続いて、英国SFニューウェイブの巨匠の訃報が届きました。 8月19日、ブライアンオールディス氏92歳で死去 https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=5&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEw…

久しぶりの更新

久しぶりに更新できました。 前回の更新が4日だったので、約3週間ぶりの更新になります。 その間更新がないのに、アクセスの多い日もあり、見て下さる方がおられることには感謝です。 更新が止まっていたのは、11日に当番弁護士で2件出動したのですが、あま…

西大寺展@あべのハルカス

先週金曜日の8月4日の夜、あべのハルカス美術館で開催中の奈良西大寺展を見ました。 ここは平日なら夜8時まで開館しているのがありがたいところです。他の美術館も金曜日は延長されるところがあるようですが、週に3日くらいは8時まで開館してほしいですね。 …

隠れ社寺探訪記(6) 大阪市住吉区 東大禅寺

隠れ社寺探訪記第6回は、前回に続き大阪市内です。 今年から大阪市で行われている文化財特別公開。寺社特別公開のシリーズ第2回は、住吉区の東大禅寺です。 南海高野線の住吉東駅で下車し、東に少し歩くと住宅街の中に鳥居が見えてきます。ここも神仏習合で…

猿田彦と椿大神社

7月25日は天神祭でした。 当日の夕方は、事務所で仕事をしていたのですが、ドンドンと太鼓の音が聞こえたので、行列が来たかなと下に降りたところ、ちょうど猿田彦さんが通るところでした。 この猿田彦さんは写真で見るようになかなかユニークな風貌をしてお…

追悼 山野浩一

鳥はいまどこを飛ぶか (山野浩一傑作選?) (創元SF文庫) 作者: 山野浩一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2011/10/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (12件) を見る 7月も後半になり、週刊競馬ブックに、上半期フリーハ…

奈良国立博物館 源信展(前期)

奈良国立博物館にて、7月15日より、源信展が開催されています。 早速見に行きました。 3連休の中日の日曜日でしたが、午後3時半ころに行ったのであまり混雑しておらず、ゆっくり見ることができました。 源信といえば「往生要集」ですが、これは地獄と極楽…

オペラ「フィガロの結婚」と西九条ブランニューのライブ「無限大Ⅴ」

先週末は3連休でしたが、土曜日はオペラ、日曜日はロック(プログレ)と音楽を楽しみました。 オペラは西宮北口の兵庫県立芸術文化センターで毎年恒例の佐渡裕オペラ。 今年はフィガロの結婚。 モーツァルトの音楽は華やかです。 会場は満員。 こちらは毎年…