弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

読書記録 「自民党ー「一強」の実像」「ポピュリズムとは何か ー 民主主義の敵か、改革の希望か」

今回は、最近読んだ本の中から政治関係の本を2冊取り上げます。 いずれも最近、人文関係の優れた研究書を出している中公新書です。 自民党―「一強」の実像 (中公新書) 作者: 中北浩爾 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/04/19 メディア: 新書 この…

時刻表にない鉄道 その4 天橋立ビューランド

さて前のエントリで書いたように、舞鶴から天橋立に移動してスロープカーに乗りました。 天橋立駅で下車し、駅の裏手にある天橋立ビューランドへの乗り場に向かいます。 天橋立ビューランドは山の上にあり、「モノレール」とリフトが選択できますが、私は当…

青春18切符の旅(3) 舞鶴

この夏も青春18切符を利用して日帰りの旅に出ました。今回の目的地は舞鶴。 舞鶴に行くには綾部を経由しますが、綾部までは京都から山陰本線経由と、大阪から福知山線経由の二通りがありますが、行きは京都から山陰本線に乗りました。 嵯峨野を過ぎて、保津…

「氷艶」と「THE ICE」

先週から今週にかけてフィギュアスケート関係の放映をいくつか見ました。 まずはNHKBSプレミアムで放映された「氷艶」。 筋はよく分かりませんでしたが、芝居の国の英雄である義経と大悪人である仁木弾正が戦うという話。神話の時代の人物から江戸時代の仁木…

「怖い絵」展@兵庫県立美術館

8月中旬以降は体調がすぐれず、なかなかブログを更新することもできませんでしたが、ようやく更新する体力が戻ってきたので、これからまた頑張って更新していきます。 もう1か月前になってしまいましたが、8月12日に、兵庫県立美術館で「怖い絵」展を見まし…

読書記録「意識高い系の研究」

この本は書いてあることそのものは面白かったのですが、ただし分析の前提となる枠組みがきちんと考えられていないのが勿体なく思いました。 「意識高い系」の研究 (文春新書) 作者: 古谷経衡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle…

奈良国立博物館 源信展(後期)

奈良国立博物館の「源信」展。既に終了していますが、2日に後期の展示を見てきました。 前期を見て、六道絵の凄さに圧倒されましたが、後期もこれに劣らず見応えが十分でした。 まずは地獄絵から。 国宝の地獄草紙です。キャラが立っていますね。 そして後期…

読書記録 「秘伝・日本史解読術」荒山徹

この著者の小説は何冊か読んだことがあります。代表的なのはこの作品でしょう。 徳川家康 トクチョンカガン (実業之日本社文庫) 作者: 荒山徹 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 クリック: 17回 この商品を含むブログ (4件) …

ブライアン・オールディス追悼

先日、山野浩一の追悼記事を書きましたが、それに続いて、英国SFニューウェイブの巨匠の訃報が届きました。 8月19日、ブライアンオールディス氏92歳で死去 https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=5&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEw…

久しぶりの更新

久しぶりに更新できました。 前回の更新が4日だったので、約3週間ぶりの更新になります。 その間更新がないのに、アクセスの多い日もあり、見て下さる方がおられることには感謝です。 更新が止まっていたのは、11日に当番弁護士で2件出動したのですが、あま…

西大寺展@あべのハルカス

先週金曜日の8月4日の夜、あべのハルカス美術館で開催中の奈良西大寺展を見ました。 ここは平日なら夜8時まで開館しているのがありがたいところです。他の美術館も金曜日は延長されるところがあるようですが、週に3日くらいは8時まで開館してほしいですね。 …

隠れ社寺探訪記(6) 大阪市住吉区 東大禅寺

隠れ社寺探訪記第6回は、前回に続き大阪市内です。 今年から大阪市で行われている文化財特別公開。寺社特別公開のシリーズ第2回は、住吉区の東大禅寺です。 南海高野線の住吉東駅で下車し、東に少し歩くと住宅街の中に鳥居が見えてきます。ここも神仏習合で…

猿田彦と椿大神社

7月25日は天神祭でした。 当日の夕方は、事務所で仕事をしていたのですが、ドンドンと太鼓の音が聞こえたので、行列が来たかなと下に降りたところ、ちょうど猿田彦さんが通るところでした。 この猿田彦さんは写真で見るようになかなかユニークな風貌をしてお…

追悼 山野浩一

鳥はいまどこを飛ぶか (山野浩一傑作選?) (創元SF文庫) 作者: 山野浩一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2011/10/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (12件) を見る 7月も後半になり、週刊競馬ブックに、上半期フリーハ…

奈良国立博物館 源信展(前期)

奈良国立博物館にて、7月15日より、源信展が開催されています。 早速見に行きました。 3連休の中日の日曜日でしたが、午後3時半ころに行ったのであまり混雑しておらず、ゆっくり見ることができました。 源信といえば「往生要集」ですが、これは地獄と極楽…

オペラ「フィガロの結婚」と西九条ブランニューのライブ「無限大Ⅴ」

先週末は3連休でしたが、土曜日はオペラ、日曜日はロック(プログレ)と音楽を楽しみました。 オペラは西宮北口の兵庫県立芸術文化センターで毎年恒例の佐渡裕オペラ。 今年はフィガロの結婚。 モーツァルトの音楽は華やかです。 会場は満員。 こちらは毎年…

今週の出来事

先週は毎日のように行事があり、かなり疲れてしまいましたが、今週も火曜、水曜と暑さの中、遠出してやはり疲れました。 火曜日は前回の記事で書いたように大阪市内の正圓寺に行き、その後奈良市内のイベントに行ったのですが、残念ながら中止になってしまい…

隠れ社寺探訪記(5) 大阪市・正圓寺

隠れ社寺探訪記、5回目の今回も、大阪市内にあり、場所的には近くて、行くことが全く困難ではない場所にある正圓寺を紹介します。ただ、そこにある仏像は非公開なので、その意味で隠されているといえます。 今回、ここを訪れるきっかけとなったのは、大阪市…

夏に向けて

6月30日は今年前半の締めくくりということで、夏越の大祓があり、私もお初天神にて茅の輪くぐりをして、今年前半を総括し、今年後半の安全を祈願しました。 さて翌日から7月に入り、朝飲むコーヒーもホットからアイスに変わるなど、夏向けの生活様式に変わ…

斉藤美奈子「文庫解説ワンダーランド」

私が文庫本というものの存在を知ったのは中学生の頃でした。その前には親に買い与えられた子供向けの本や、子供向けの世界の文学を読んでいたのですが、自分で本屋に行くようになると安いこともあって文庫本に目が行くようになりました。 この当時は、新潮文…

関大アイスアリーナのエキシビジョン

7月2日の日曜日、高槻市にある関大のアイスアリーナで教育後援会70周年記念式典とエキシビジョンが開催され、行く機会をいただいたので行ってきました。 JR高槻駅からバスで20分ほど、摂津峡の西口で下車すると関大のキャンパスがあり、中の道を左に折れ…

津島佑子 火の山-山猿記

久し振りに読書の記事です。 火の山 山猿記(上) (講談社文庫) 作者: 津島佑子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 火の山 山猿記(下) (講談社文庫) 作者: 津島佑子 出版社/メーカー: 講談社 発…

宝塚記念

日曜日は、梅田グランフロントでの「世界を変えたレコード展」を見てから阪急で仁川に移動し宝塚記念を見ました。 パドックでのキタサンブラックとサトノクラウン。 スタートして外枠のキタサンブラックは先頭に立てず、3番手でレースを進めました。 直線キ…

世界を変えたレコード展

日曜日の今日は、梅田グランフロントで開催されている「世界を変えたレコード展」 を観に行きました。 www.kanazawa-it.ac.jp 展示は7月23日までですが、今日は立川直樹氏のトークショーがあり、申し込んで当選しましたので行ってきました。 聴衆はさすがに…

隠れ社寺探訪記(4) 奈良 喜光寺

隠れ社寺探訪記、4回目の今回は奈良市の喜光寺です。 第一回の東明寺などは本当に隠れた場所にあるといえますが、今回の喜光寺は知名度こそ低いものの、奈良市内の交通量の多いメインルートに沿った場所にあり、隠れてはいません。その意味で「隠れ社寺」と…

大阪弁護士会のブログに記事を書きました

大阪弁護士会のブログ「弁護士の放課後 ほな行こか~」に記事を書きました。 法律相談で気をつけていること | 弁護士の放課後 ほな行こか~(^o^)丿 今回は法律相談などで、よりよいコミュニケーションを図るにはどうしたらいいか、分かりやすく伝えるにはど…

隠れ社寺探訪記(3) 長野県の国宝建築 大法寺と仁科神明宮

隠れ社寺探訪記、3回目の今回は長野県の大法寺と仁科神明宮を紹介します。 長野県には国宝の建造物が5件あります。このうち、松本城と善光寺は知名度が高く、多くの方が訪れますが、他の3つはあまり知られていません。安楽寺八角三重塔、大法寺、仁科神明宮…

ほたる工房総会

6月18日、神戸市の生田神社会館にて、ほたる工房の総会が開催されました。 ほたる工房は、病院に長期入院されている患者さんに、アートによるささやかな楽しみのひと時をお届けする活動を行っているNPOです。私も監事として参加させていただいています。 総…

カルメンマキ&OZの「六月の詩」

今年の6月は梅雨に入っても雨があまり降らず、かといって暑くもならず、朝方など寒くさえ感じる日が多かったのですが、今日は暑くなりました。朝早くモーニングセミナーに行きましたが、ちょうどいい感じの気候でした。人の数倍汗かきの私には、とてもありが…

隠れ社寺探訪記(2) 奈良・南明寺

シリーズ第2会の今回は、奈良県奈良市の南明寺です。 奈良市といっても奈良市の中心、近鉄奈良駅からは車で30分以上かかる場所で、柳生に着く手前の阪原という集落にあります。 私が訪問したのは2011年3月12日でしたが、ここを訪れた日付は忘れることはない…

隠れ社寺探訪記(1) 奈良・東明寺

あまり知られていない寺社を訪ねるのが好きです。細い山道を歩き、ようやくそれらしい場所にたどり着き、山門をくぐった時の感慨はいつまでも記憶にとどめておきたいものです。 そんな思いから「隠れ社寺探訪記」と名付けたシリーズを始めることにしました。…

6月の展覧会、7月以降の展覧会

5月の末頃に、アクセス数が増えてきたと喜んでいたのですが、6月に入り5日以降、残念ながら減少傾向です。 まあ6月に入って、1日からひどい風邪をひいて熱を出してしまい、他の症状もきつかったので定時までの仕事をこなすだけで精いっぱいで、大した記事が…

小谷野敦「芥川賞の偏差値」

この著者の本は結構読んでいますが 、 このブログで取り上げるのは初めてです。 芥川賞の偏差値 作者: 小谷野敦 出版社/メーカー: 二見書房 発売日: 2017/02/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 芥川賞を受賞した全作品についてコメント…

ほたる工房総会は6月18日です

私がかかわっている「ほたる工房」というNPОがあります。これは病院において、「アート活動によるささやかな楽しみのひと時を」という事業を行っているNPОですが、6月18日に神戸三宮、生田会館にて総会が行われます。 総会自体はNPОの運営に関するもの…

日本のプログレバンドベスト20に「荘園」!

音楽関係のニュースサイト、amassはときどき見ていますが、最近の記事に、 「日本のプログレ・バンド 20選」を海外プログレ系サイトProg Sphereが発表 - amass というものがあり、私の畏友藤井博章さんがベースを担当しているバンド「荘園」が入っていないか…

フィギュアスケート2017年GPシリーズの予定

フィギュアスケート、2017年GPシリーズのアサインが出ました。 今年のグランプリシリーズの順番は、例年とかなり異なり、ロシア、カナダ、中国、NHK杯、フランス、アメリカという順序です。いつものように北米2戦で始まり、中国挟んでヨーロッパ2戦、最後がN…

ブログ開設1年

昨年6月にブログを開設し、1年が経ちました。この5月から、ようやくアクセスも増えてきました。今後もご愛顧よろしくお願いします。

追悼グレッグ・オールマン

5月27日、グレッグ・オールマンが亡くなりました。69歳でした。 フィルモア・イースト・ライヴ アーティスト: オールマン・ブラザーズ・バンド 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2017/05/17 メディア: CD この商品を含むブログを見る 私…

藤田美術館 ザ・コレクション

藤田美術館は大阪城の北、大川の近くにあり、JR東西線の大阪城北詰からすぐのところにあります。 地味な印象の小規模な美術館なので、私もこれまで一度しか訪れていませんでしたが、収蔵品は国宝も多くかなりのもので、また先日ニューヨークでオークションに…

須賀しのぶ「芙蓉千里」3部作

今回はハルビンとシベリアを舞台にした、須賀しのぶの「芙蓉千里」3部作を取り上げます。 旧満州の北部の都市、ハルビンには約30年前に一度だけ行ったことがあります。 神戸から上海へ、2泊3日の航海をする「鑑真号」という船が出ていて、お金はないが暇はあ…

木×仏像@大阪市立美術館 

大阪市立美術館に木×仏像展を見に行きました。 天王寺公園の一角にあり、公式なアクセスは天王寺しか出てきませんが、地下鉄の恵比須町、動物園前からも行けます。 土曜日の3時半ころに行きましたが、空いていてじっくり拝観することができました。 とにか…

ロキノン系文体ー「 ロッキング・オンの時代」と又吉直樹「第二図書係補佐」

私が音楽を主体的に聴くようになったのは、小学校5年生の冬でした。 ある日風邪をひいてしまい、学校を休んで昼間からずっと家で寝る羽目になってしまったのですが(確か小学校を休んだのはこの1日だけだったと思う)、親が退屈だろうからと、枕元にラジオを置…

メロトロンこの5曲

続きましては「メロトロンの1曲」という切り口で5曲を紹介します。 前回紹介した5バンドのようにメロトロンを使い倒すようなことはしませんが、1曲だけ使っているバンドも数多くあるのですが、その1曲が素晴らしく絶対落とせない、というものがあるので紹介…

メロトロン@関ジャム2017.4.30

日曜の夜11:15からテレビ朝日系列でオンエアされている「関ジャム」という番組は、なかなか濃い音楽番組で勉強にもなります。今年になってから毎週見るようになり、毎回楽しんで見ていますが、4月30日放映の回では驚きのシーンがありました。 番組冒頭でその…

大和文華館 松浦屏風と桃山・江戸の絵画

大和文華館は近鉄学園前駅から10分程度歩いたところにある、日本美術を中心とした美術館です。家から近いので年に3,4回程度は訪問します。5月9日は無料公開デーとなっており、また国宝の松浦屏風が見られるというので行ってみました。 入り口を入ると広い庭…

時刻表にない鉄道その3 門司港レトロライン

シリーズの第3弾は、門司港レトロ地区の観光鉄道「やまぎんレトロライン」を取り上げてみます。 このレトロラインは時刻表に乗っているような気もするのですがあまり気にしないで下さい。このシリーズでは、「公共交通機関として通常営業している鉄道以外」…

時刻表にない鉄道その2 英彦山スロープカー

前回は、宮ケ瀬ダムのケーブルカーであるインクラインを紹介しましたが、今回は 、福岡県、英彦山のスロープカーを紹介します。 この「スロープカー」は一般名称ではなく、嘉穂製作所というメーカーの商標です。 スロープカー - Wikipedia これはとにかく坂…

京都2017春の特別公開(厭離庵、鹿王寺、遍照寺、妙光寺)

毎年ゴールデンウィークと秋には京都の非公開寺院の特別公開があります。 ゴールデンウィークには大学のサークルのOB会があるので、毎年その日の昼間に京都に行き、非公開寺院を訪問することにしています。 今年は、4月29日に嵯峨野の厭離庵、鹿王寺、遍照…

青春18きっぷポスター展@奈良県立美術館

奈良県立美術館の1階で「青春18きっぷ ポスター展」が開催されています。 3日の朝、たまたま新聞を見ていたらこの「青春18きっぷ ポスター展」が奈良県立美術館で開催されていると知り、ちょうど奈良国立博物館に行くので帰りに寄ってみたのですが、これが素…

奈良国立博物館 快慶展

今年の連休は前半が単なる土日で、実際には3日からという方が多かったと思います。実際に1日、2日は通勤時間帯の電車もいつもと変わらずでしたし、2日の午後の銀行は普段の週末より混んでいました。 さてそんな連休初日の3日、奈良国立博物館で快慶展を…