弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

フィギュアスケート

2017グランプリファイナル

2017年のグランプリファイナルは名古屋開催でした。3日目の女子フリーその他と最終日のエキシビを現地観戦することができました。 ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート競技大会 愛知・名古屋2017 地元にてこんなフリーペーパーが配布されていま…

フィギュアスケート 2017GPシリーズ6戦を終えて

2017年グランプリシリーズは6戦が終わり、いよいよファイナルを残すのみとなりました。 今年のグランプリシリーズは大荒れで予想外の結果が続きました。 *欠場した人 怪我した選手も多く、羽生君は2戦目のNHK杯の練習中に捻挫してリタイアしたのでファイ…

2017NHK杯フィギュア

11月10日から、大阪市中央体育館でNHK杯フィギュアスケートが開催されました。 初日だけ現地観戦することができました。2日目のフリーは見たかったのですが、何度トライしても全くかすりもしませんでした。これまで遠方なので観戦を見送ったケース(去年…

「氷艶」と「THE ICE」

先週から今週にかけてフィギュアスケート関係の放映をいくつか見ました。 まずはNHKBSプレミアムで放映された「氷艶」。 筋はよく分かりませんでしたが、芝居の国の英雄である義経と大悪人である仁木弾正が戦うという話。神話の時代の人物から江戸時代の仁木…

関大アイスアリーナのエキシビジョン

7月2日の日曜日、高槻市にある関大のアイスアリーナで教育後援会70周年記念式典とエキシビジョンが開催され、行く機会をいただいたので行ってきました。 JR高槻駅からバスで20分ほど、摂津峡の西口で下車すると関大のキャンパスがあり、中の道を左に折れ…

フィギュアスケート2017年GPシリーズの予定

フィギュアスケート、2017年GPシリーズのアサインが出ました。 今年のグランプリシリーズの順番は、例年とかなり異なり、ロシア、カナダ、中国、NHK杯、フランス、アメリカという順序です。いつものように北米2戦で始まり、中国挟んでヨーロッパ2戦、最後がN…

2017世界選手権総括

さてようやく世界選手権関連記事も最後の総括となります。 まずは女子。 ・来シーズン、つまり五輪での日本の枠が2枠になってしまいました。 思えば昨年、それまでずっと続けてきた連続表彰台がストップしてしまっており、その時点で危惧はあったのですが、…

浅田真央の引退表明

月曜日、桜花賞をまだ見ていなかったのでずっと情報を遮断しており、かなり遅くなってからようやく桜花賞を見て、げっ、ソウルスターリング負けたのかと驚き、さあこれで情報解禁とスマホでヤフーニュースを見たら、「浅田真央が引退表明」というニュースが…

2017世界選手権男子FS

さていよいよ男子フリー。4月1日の土曜日は、午前中に女子フリーを録画で見て、夜に男子フリーを見るというフィギュアスケート三昧の一日となりましたが、ただ、男子はもの凄い勝負になったので、ずっと家にいたにもかかわらず、疲れてしまい、日曜日まで疲…

2017世界選手権女子FS

さて女子のフリーは土曜日の2時頃に生放送があったのですが、さすがにその時間に起きて見るのは無理で、録画して次の日の午前中に見ました。でも午前中に消化できたのでネタバレもせず緊張しながら見ることができてよかったです。 三原舞依 冒頭の3Lz3T…

2017世界選手権男子SP

世界選手権のレビュー第2弾です。女子SPはかなり早くアップできたのですが、その後は見るだけで精一杯で書く時間が取れず、土曜日など完全にへたっていて日曜日を休養に充てなければならない状況だったのですが、ようやく時間が取れたので男子SPについて…

2017世界選手権女子SP

いよいよ開幕したフィギュアスケートの世界選手権。 昨日は女子のSPを地上波で見ました。 コストナー 後で放映。3F、2Aと単独ジャンプ2つが着氷乱れる。フライングキャメルもミスしており、出来はいまいち。素晴らしかったヨーロッパ選手権の72.40に…

世界ジュニア選手権

もう世界選手権が開幕しますが、今更ながら世界ジュニアについて書き留めておきます。18日の土曜日に女子フリーが生中継されていました。 昨年までの世界ジュニアの扱いは、確か関東では深夜に放映、関西は地上波中継なしという扱いだったのですが、今年はフ…

四大陸男子フリー

続いては男子フリー。SPではネイサン・チェン、宇野君の2人が100点台、3位の羽生君が97.04という高い得点で、フリーも高いレベルでの大熱戦となりました。 放映は田中刑事から。冒頭の4Sが3回転、2回転となってしまい、後半でも2回転となるなど、最後…

四大陸男子SP

さて男子ですが、SPは、ミスが目立った女子とは異なり、100点超が2人、97点一人と、なかなか充実したものとなりました。 テレビで放映される選手は限られており、今回放映されていない選手で気になったのがケビン・レイノルズ。一昔前には4回転の申し子と…

四大陸選手権女子フリー

続いては女子のフリーです。 三原以外の日本代表、樋口、本郷の2選手は精彩を欠く演技でしたね。樋口など何が悪いのか分からない、といった感じで大泣きしていましたが、樋口は世界選手権代表なので立て直してほしいものです。 最終グループは、長洲、三原、…

四大陸選手権女子SP

四大陸選手権というのは、昔はどちらかというと2番手の選手や若手が派遣されていたため、地味な扱いで、地上波での中継もほとんどありませんでした、2007年、日曜9時にオンエアされていた「発掘あるある大事典」という番組が納豆ダイエットのやらせ問題で突…

本田真凛のツインテール

全国中学スケート大会が長野県で開催されています。 昔は、このような大会が朝のワイドショーで取り上げられることなどなかったのですが、人気のある本田真凛選手が出るということで取り上げられています。 また例年であればそれほど注目されない四大陸選手…

2017ヨーロッパ選手権女子フリー

ヨーロッパ選手権、続いては女子フリー。 さすがに早朝だったのでリアルタイムでは見ることができませんでしたが、土曜日で少しゆっくりできたので、7時半から録画していた最終グループを見ることができました。 最終グループ第1滑走はソツコワでしたが、緊…

カロリーナ・コストナー@2017ヨーロッパ選手権

全米が終了して息つく暇もなくヨーロッパ選手権に突入してしまいました。 SPは現地でも平日午後の時間帯という、何でこの時間?と聞きたくなるような時間でしたが、おかげで日本では7時台にコストナー、そして23時台に最終グループとリアルタイムで見やす…

2017全米女子フリー

続いては全米選手権女子フリー。 まずは第一グループとなってしまったコートニーヒックスですが、フリーでは立て直してきました。119.17でフリーは6位とまずまず。 SPで復活の演技を見せたキャロライン・ジャンは第3グループ。前半3F+2T、3Lz、3T…

2017全米女子SP

続いては全米選手権女子シングルSP。ほとんどネイサン・チェンの一人舞台となった男子に比べ、女子は多士済々という印象です。 今大会出場していない選手で一番残念なのがポリーナ・エドムンズ。彼女のジャンプは、初期の浅田真央を彷彿とさせる、最近では…

ネイサン・チェン、全米初優勝

フィギュアスケートの全米選手権の生中継がJスポーツ4であり、タイミングよく今朝の男子フリーを出勤前に見ることができました。 男子SPはネイサン・チェンが4Lz+3T、4Fを決めてTES60点台という恐ろしいスコアを出して全米史上初の100点超え106.…

2016全日本フィギュア総括

かなり遅くなっての記事ですが全日本選手権の総括を。 ・羽生君の欠場 やはり一番大きな出来事はこれですね。絶対王者の欠場で、男子は一気に盛り上がりにかけるものとなってしまいました。戦前には、羽生君人気でチケットがむやみに高騰していたのですが(…

2016全日本女子FS全選手レビュー

続いては女子FS。 松嶋那奈 ラストエンペラーとサユリ。昔懐かしい日本人体型の選手だな。3T+3Tをはじめ、ジャンプが良く決まる。2F+2T+2Loも綺麗にまとめ、満足そうな笑顔。 今井遥 プリマベーラ。冒頭2A+3Tは着氷したが次の3Lzがシ…

2016全日本男子FS全選手レビュー

全日本が終わってから2週間たってしまい、今さら感が強いのですが、個人用にフリーでの全選手の演技についてメモを作っていたので、今回公開することにします。今回は男子です。 第1グループ 中野紘輔 ベートーベンのピアノソナタなど。うどんを食べずに1…

2016全日本フィギュアスケート選手権 女子SP

さて2日目は女子のSPで30人、男子のフリーで24人と合計で54選手の演技を見ることができます。長丁場でしんどいのですが頑張ります。 まずは女子SPから。 第1グループは全日本ジュニア女王の坂本花織選手はじめ若手が多いのですが、いきなり第1滑…

2016全日本フィギュアスケート選手権 男子SP

ラクタブ(なみはや)ドームで行われている全日本選手権。昨日男子SPがありました。 席はスタンドSですがほぼ中央というのがありがたい。ただキスクラは見えませんでしたがそれは贅沢というもの。 結果はトップ3は予想通りの3人でしたが、宇野選手は4F…

2016全日本選手権プレビュー

こんにちは。もう今週末は全日本選手権ですが、ようやくグランプリシリーズの記事を書き終え、全日本の記事にとりかかれることになりました。 今年は大阪なのでチケットが取れれば久しぶりに全日程行こうと思っていたのですが、思わぬ落とし穴が。今年の(と…

2016グランプリファイナルレビュー

さて大一番のグランプリファイナルです。何とか全日本が開幕するまでにアップしたいと思います。 まずは男子。 羽生、フェルナンデスが300点以上の持ち点がある2強で、次がパトリックチャン、宇野の2人が続き、あと2人がアメリカのベテランアダムリッポンと…