弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

青春18切符の旅(3) 舞鶴

この夏も青春18切符を利用して日帰りの旅に出ました。今回の目的地は舞鶴。 舞鶴に行くには綾部を経由しますが、綾部までは京都から山陰本線経由と、大阪から福知山線経由の二通りがありますが、行きは京都から山陰本線に乗りました。 嵯峨野を過ぎて、保津…

「氷艶」と「THE ICE」

先週から今週にかけてフィギュアスケート関係の放映をいくつか見ました。 まずはNHKBSプレミアムで放映された「氷艶」。 筋はよく分かりませんでしたが、芝居の国の英雄である義経と大悪人である仁木弾正が戦うという話。神話の時代の人物から江戸時代の仁木…

「怖い絵」展@兵庫県立美術館

8月中旬以降は体調がすぐれず、なかなかブログを更新することもできませんでしたが、ようやく更新する体力が戻ってきたので、これからまた頑張って更新していきます。 もう1か月前になってしまいましたが、8月12日に、兵庫県立美術館で「怖い絵」展を見まし…

読書記録「意識高い系の研究」

この本は書いてあることそのものは面白かったのですが、ただし分析の前提となる枠組みがきちんと考えられていないのが勿体なく思いました。 「意識高い系」の研究 (文春新書) 作者: 古谷経衡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle…

奈良国立博物館 源信展(後期)

奈良国立博物館の「源信」展。既に終了していますが、2日に後期の展示を見てきました。 前期を見て、六道絵の凄さに圧倒されましたが、後期もこれに劣らず見応えが十分でした。 まずは地獄絵から。 国宝の地獄草紙です。キャラが立っていますね。 そして後期…

読書記録 「秘伝・日本史解読術」荒山徹

この著者の小説は何冊か読んだことがあります。代表的なのはこの作品でしょう。 徳川家康 トクチョンカガン (実業之日本社文庫) 作者: 荒山徹 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 クリック: 17回 この商品を含むブログ (4件) …

ブライアン・オールディス追悼

先日、山野浩一の追悼記事を書きましたが、それに続いて、英国SFニューウェイブの巨匠の訃報が届きました。 8月19日、ブライアンオールディス氏92歳で死去 https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=5&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEw…

久しぶりの更新

久しぶりに更新できました。 前回の更新が4日だったので、約3週間ぶりの更新になります。 その間更新がないのに、アクセスの多い日もあり、見て下さる方がおられることには感謝です。 更新が止まっていたのは、11日に当番弁護士で2件出動したのですが、あま…

西大寺展@あべのハルカス

先週金曜日の8月4日の夜、あべのハルカス美術館で開催中の奈良西大寺展を見ました。 ここは平日なら夜8時まで開館しているのがありがたいところです。他の美術館も金曜日は延長されるところがあるようですが、週に3日くらいは8時まで開館してほしいですね。 …

隠れ社寺探訪記(6) 大阪市住吉区 東大禅寺

隠れ社寺探訪記第6回は、前回に続き大阪市内です。 今年から大阪市で行われている文化財特別公開。寺社特別公開のシリーズ第2回は、住吉区の東大禅寺です。 南海高野線の住吉東駅で下車し、東に少し歩くと住宅街の中に鳥居が見えてきます。ここも神仏習合で…

猿田彦と椿大神社

7月25日は天神祭でした。 当日の夕方は、事務所で仕事をしていたのですが、ドンドンと太鼓の音が聞こえたので、行列が来たかなと下に降りたところ、ちょうど猿田彦さんが通るところでした。 この猿田彦さんは写真で見るようになかなかユニークな風貌をしてお…

追悼 山野浩一

鳥はいまどこを飛ぶか (山野浩一傑作選?) (創元SF文庫) 作者: 山野浩一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2011/10/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (12件) を見る 7月も後半になり、週刊競馬ブックに、上半期フリーハ…

奈良国立博物館 源信展(前期)

奈良国立博物館にて、7月15日より、源信展が開催されています。 早速見に行きました。 3連休の中日の日曜日でしたが、午後3時半ころに行ったのであまり混雑しておらず、ゆっくり見ることができました。 源信といえば「往生要集」ですが、これは地獄と極楽…

オペラ「フィガロの結婚」と西九条ブランニューのライブ「無限大Ⅴ」

先週末は3連休でしたが、土曜日はオペラ、日曜日はロック(プログレ)と音楽を楽しみました。 オペラは西宮北口の兵庫県立芸術文化センターで毎年恒例の佐渡裕オペラ。 今年はフィガロの結婚。 モーツァルトの音楽は華やかです。 会場は満員。 こちらは毎年…

今週の出来事

先週は毎日のように行事があり、かなり疲れてしまいましたが、今週も火曜、水曜と暑さの中、遠出してやはり疲れました。 火曜日は前回の記事で書いたように大阪市内の正圓寺に行き、その後奈良市内のイベントに行ったのですが、残念ながら中止になってしまい…

隠れ社寺探訪記(5) 大阪市・正圓寺

隠れ社寺探訪記、5回目の今回も、大阪市内にあり、場所的には近くて、行くことが全く困難ではない場所にある正圓寺を紹介します。ただ、そこにある仏像は非公開なので、その意味で隠されているといえます。 今回、ここを訪れるきっかけとなったのは、大阪市…

夏に向けて

6月30日は今年前半の締めくくりということで、夏越の大祓があり、私もお初天神にて茅の輪くぐりをして、今年前半を総括し、今年後半の安全を祈願しました。 さて翌日から7月に入り、朝飲むコーヒーもホットからアイスに変わるなど、夏向けの生活様式に変わ…

斉藤美奈子「文庫解説ワンダーランド」

私が文庫本というものの存在を知ったのは中学生の頃でした。その前には親に買い与えられた子供向けの本や、子供向けの世界の文学を読んでいたのですが、自分で本屋に行くようになると安いこともあって文庫本に目が行くようになりました。 この当時は、新潮文…

関大アイスアリーナのエキシビジョン

7月2日の日曜日、高槻市にある関大のアイスアリーナで教育後援会70周年記念式典とエキシビジョンが開催され、行く機会をいただいたので行ってきました。 JR高槻駅からバスで20分ほど、摂津峡の西口で下車すると関大のキャンパスがあり、中の道を左に折れ…

津島佑子 火の山-山猿記

久し振りに読書の記事です。 火の山 山猿記(上) (講談社文庫) 作者: 津島佑子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 火の山 山猿記(下) (講談社文庫) 作者: 津島佑子 出版社/メーカー: 講談社 発…

宝塚記念

日曜日は、梅田グランフロントでの「世界を変えたレコード展」を見てから阪急で仁川に移動し宝塚記念を見ました。 パドックでのキタサンブラックとサトノクラウン。 スタートして外枠のキタサンブラックは先頭に立てず、3番手でレースを進めました。 直線キ…

世界を変えたレコード展

日曜日の今日は、梅田グランフロントで開催されている「世界を変えたレコード展」 を観に行きました。 www.kanazawa-it.ac.jp 展示は7月23日までですが、今日は立川直樹氏のトークショーがあり、申し込んで当選しましたので行ってきました。 聴衆はさすがに…

隠れ社寺探訪記(4) 奈良 喜光寺

隠れ社寺探訪記、4回目の今回は奈良市の喜光寺です。 第一回の東明寺などは本当に隠れた場所にあるといえますが、今回の喜光寺は知名度こそ低いものの、奈良市内の交通量の多いメインルートに沿った場所にあり、隠れてはいません。その意味で「隠れ社寺」と…

大阪弁護士会のブログに記事を書きました

大阪弁護士会のブログ「弁護士の放課後 ほな行こか~」に記事を書きました。 法律相談で気をつけていること | 弁護士の放課後 ほな行こか~(^o^)丿 今回は法律相談などで、よりよいコミュニケーションを図るにはどうしたらいいか、分かりやすく伝えるにはど…

隠れ社寺探訪記(3) 長野県の国宝建築 大法寺と仁科神明宮

隠れ社寺探訪記、3回目の今回は長野県の大法寺と仁科神明宮を紹介します。 長野県には国宝の建造物が5件あります。このうち、松本城と善光寺は知名度が高く、多くの方が訪れますが、他の3つはあまり知られていません。安楽寺八角三重塔、大法寺、仁科神明宮…

ほたる工房総会

6月18日、神戸市の生田神社会館にて、ほたる工房の総会が開催されました。 ほたる工房は、病院に長期入院されている患者さんに、アートによるささやかな楽しみのひと時をお届けする活動を行っているNPOです。私も監事として参加させていただいています。 総…

カルメンマキ&OZの「六月の詩」

今年の6月は梅雨に入っても雨があまり降らず、かといって暑くもならず、朝方など寒くさえ感じる日が多かったのですが、今日は暑くなりました。朝早くモーニングセミナーに行きましたが、ちょうどいい感じの気候でした。人の数倍汗かきの私には、とてもありが…

隠れ社寺探訪記(2) 奈良・南明寺

シリーズ第2会の今回は、奈良県奈良市の南明寺です。 奈良市といっても奈良市の中心、近鉄奈良駅からは車で30分以上かかる場所で、柳生に着く手前の阪原という集落にあります。 私が訪問したのは2011年3月12日でしたが、ここを訪れた日付は忘れることはない…

隠れ社寺探訪記(1) 奈良・東明寺

あまり知られていない寺社を訪ねるのが好きです。細い山道を歩き、ようやくそれらしい場所にたどり着き、山門をくぐった時の感慨はいつまでも記憶にとどめておきたいものです。 そんな思いから「隠れ社寺探訪記」と名付けたシリーズを始めることにしました。…

6月の展覧会、7月以降の展覧会

5月の末頃に、アクセス数が増えてきたと喜んでいたのですが、6月に入り5日以降、残念ながら減少傾向です。 まあ6月に入って、1日からひどい風邪をひいて熱を出してしまい、他の症状もきつかったので定時までの仕事をこなすだけで精いっぱいで、大した記事が…