読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

64(ロクヨン)

 

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)

 

 正月明けの連休に読みました。

わずか7日しかなかった昭和64年に起こった誘拐殺人事件64ロクヨン。この事件が、ずっと通奏低音のように響くD警察署における人事抗争。

そして終盤になって、亡霊のようだった64(ロクヨン)が再度表面に浮上する。

この物語には真のキーパーソンがいて、終盤近くになるまで出てこないのですが、出る度に強烈な印象を残します。態度も言うこともとにかく格好いい。

そのキーパーソンが物語の最終盤に発した、<俺はな、初めて会う人間すべてに目で問いかけることにしているーお前はロクヨンのホシか?>という台詞を読んだときには痺れました。