読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

ネイサン・チェン、全米初優勝

フィギュアスケート

フィギュアスケートの全米選手権の生中継がJスポーツ4であり、タイミングよく今朝の男子フリーを出勤前に見ることができました。

男子SPはネイサン・チェンが4Lz+3T、4Fを決めてTES60点台という恐ろしいスコアを出して全米史上初の100点超え106.39で、2位ロスマイナー88.67に17点差をつけ、ジェイソンブラウンは79.23で4位で、今日のフリーを迎えました。

最終グループはまずはジェイソンブラウン。NHK杯では残念な結果に終わりましたが、今回は3A2本決めました。目を離せない動きで175点。ロスマイナーは残念な出来で151.67にとどまりました。

そしていよいよネイサン・チェン。曲は韃靼人の踊り。

冒頭の4Lz+3Tから4F、4T+2T+2Lo、4Tと4本連続で決める。しかもそのすべてが綺麗に決まる。

下は画面ですがこのように要素ごとに信号のような表示が出て、成功は緑、出来のわるいものは黄と赤で表示されます。

f:id:okubolaw:20170123233408p:plain

そして後半、3Aを決めた後、何と4Sを跳んできて実況も仰天。

そして見事に決めた。

で、演技終了直後のTESがこのように表示されます。

f:id:okubolaw:20170123233448p:plain

何と120超え!とんでもない演技でした。

そしてネイサン・チェンはジャンプだけではない。もともとバレエをやっていたこともあり、フリーレッグの美しさも評価されています。

得点は212.08。トータルは何と318.47。

歴史的な瞬間を目撃できました。