読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

大和文華館 松浦屏風と桃山・江戸の絵画

大和文華館は近鉄学園前駅から10分程度歩いたところにある、日本美術を中心とした美術館です。家から近いので年に3,4回程度は訪問します。5月9日は無料公開デーとなっており、また国宝の松浦屏風が見られるというので行ってみました。

入り口を入ると広い庭園があり、坂を上っていくと展示室があります。

 

f:id:okubolaw:20170510211028p:plain

今回の展覧会での目玉はやはり国宝の松浦屏風でしょう。 

下はその松浦屏風の一部です。

f:id:okubolaw:20170510181224p:plain

とにかく保存状態がよく、色彩も鮮やかです。着物の柄がなかなか面白い。

ここには出ていませんが、カードゲームで遊んでいる場面もあり、なかなか興味深いものがあります。

 

有難いのは松浦屛風を眺められる位置に座る場所があることで、座ってゆっくり眺めることができます。

 

他にも三十六歌仙色紙貼屏風など、見応えがあるものが多く出ていました。

屏風で応挙っぽいのがあるなと思ったら応挙でした。これはプライスコレクション展で見た応挙の屏風に似ています。

最後のコーナーは幕末の欧風画で、小野田直武、司馬江漢の江の島図などがありました。 

小品ながらこの西洋夫人の画もなかなかよかったと思います。

f:id:okubolaw:20170510181517p:plain

この展示は5月14日まで。