読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

世界ジュニア選手権

もう世界選手権が開幕しますが、今更ながら世界ジュニアについて書き留めておきます。

18日の土曜日に女子フリーが生中継されていました。

昨年までの世界ジュニアの扱いは、確か関東では深夜に放映、関西は地上波中継なしという扱いだったのですが、今年はフリーはゴールデン生中継という厚遇。これは本田真凜のおかげでしょう。

あまりにテレビの推しが強すぎる感はありますが、なにせ前年の世界ジュニアチャンピオンなので仕方ありません。

試合は、最終グループに日本選手が3人。ロシアのザギトワがSPトップで、本田真凛が2位につけるという展開。

ラスト3選手は、本田、ザギトワ、坂本という滑走順でした。

本田は冒頭から綺麗にジャンプを決め、最後までパンクすることもなく見事な演技。ステップもなかなかのもので、ついにトータル200を超えました。

続くザギトワ。ジャンプを全部後半に回しますが、後半に入って連続ジャンプ3連発、続いて単独ジャンプ4連発という構成で、息つく暇もない緊張感漂うプログラムで素晴らしい。これも200超えで、本田を上回るジュニア歴代最高点となりました。

最終滑走は坂本。冒頭からパワフルなジャンプで、ミスはありましたがトータル3位に涙。これで日本選手が2位3位と二人表彰台となりました。