弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

南朝ゆかりの建武中興十五社

前回のブログで金剛寺観心寺展のことを書き、その2つの寺が南朝の拠点となっていたことに触れました。

以前から南朝に関心がありましたが、ここで南朝関係の神社のことを書いてみたいと思います。

鎌倉幕府が滅び、建武の中興があり、南北朝時代となったという歴史の流れですが、明治になって建武の中興に貢献した方々を祀る神社が創建されました、建武中興十五社というようです。

吉野神宮後醍醐天皇

鎌倉宮護良親王

井伊谷宮宗良親王

八代宮懐良親王

金崎宮尊良親王恒良親王

小御門神社藤原師賢

菊池神社(菊池武時、武重、武光)

湊川神社楠木正成

名和神社名和長年

阿部野神社北畠親房、顕家)

藤島神社新田義貞

結城神社(結城宗広)

霊山神社北畠親房、顕家、顕信、守親)

四條畷神社楠木正行

北畠神社(北畠顕能

 

これらの神社はいずれも明治期に、南朝を正統としたことから南朝関係というよう建武の中興に貢献した方々を顕彰するために創建されました。

 

このうち今までに行ったことがあるのは

吉野神宮鎌倉宮湊川神社阿部野神社藤島神社四條畷神社です。

 

この中で一番驚いたのが鎌倉宮です。

拝殿の裏には小さな洞窟というか岩穴がありました。そこは、護良親王が幽閉されていたという伝説がある岩穴でした。

実際にはそこが幽閉場所ではなかったようですが、それより、幽閉されていたという場所を神聖なものとして参拝させようというのが何とも言えない感じでした。

 

また湊川神社楠木正成の戦没地とされており、また墓があるのですが、正式名称は「嗚呼忠臣楠公乃墓」となっています。

 

このあたりの過剰さがいかにも明治になって南朝の忠臣を顕彰するという国家プロジェクトならでは、という感があります。

 

 

 

 

 

 

「当麻曼荼羅」展と「観心寺と金剛寺」展

 

8月中旬に2つの展覧会を見てきました。

奈良国立博物館「中将姫と当麻曼荼羅」展

京都国立博物館観心寺金剛寺」展

です。

 

「中将姫と当麻曼荼羅」は8月13日、近くの奈良県文化会館でワクチン接種の予定だったので、その前に見に行きました。

当麻曼荼羅の原本というかオリジナルは、10年くらい前に見ましたが、ほとんど何も見えない状態でした。

今回は厨子が展示されていました。

今回の当麻曼荼羅は、江戸時代の貞享本(重文)が目玉でした。チラシに載っているのが貞享本です。色合いがパステルカラーのようです。

 

展示にちなんで庭園には蓮がありました。

 

 

 

京都国立博物館の「観心寺金剛寺」は8月19日、仕事を終えてから見に行きました。

京都と土曜は20時まで開館しており、暑い中を歩くこともなく、また空いているのでありがたいですね。

 

 

観心寺金剛寺河内長野にありますが、観心寺はそれなりに知名度があるのに対し、金剛寺はしばらく大修繕していたこともあり、知名度はいまひとつ。しかし寺としての格は高く、南朝北朝天皇の御座があったことからも分かるように、南北朝時代には大きな勢力だったようです。最近、2年連続で寺宝が国宝に指定されたことからも、その凄さが分かります。

展覧会には、最近指定された国宝のうち、日月図屏風が出展されていました。もう一つの三尊は、今回は残念ながらお目見えが叶いませんでしたが、本堂の修理中に一体ずつ京都国立博物館奈良国立博物館で展示されていたことがあり見ています。

また金剛寺で三尊が揃っているところを一度見たのですが、これには圧倒されました。

 

2018年3月31日に訪問しました。桜が見事でした。

 

 

 

ここを訪問した時には当ブログでも取り上げています。

https://okubolaw.hatenablog.com/entry/2018/04/06/232339

 

またこれら以外に、国宝の剣もあったことを今回知りました。見事な剣でした。

観心寺秘仏の如意輪が有名ですが今回は写しの展示。ここでは江戸時代の七星如意輪観音図を貼っておきます。

 

 

また展覧会は南朝勢力としての金剛寺観心寺にもスポットを当てています。いずれにも南朝の御所があったことかありました。とりわけ、楠木一族の胴巻が一堂に会した展示室は圧巻でした。

 

 

南朝贔屓の私には楽しめる展覧会でした。

こちらは9月11日まで。

また展覧会に触発されてこの本を読みました。

青春18切符で串本 無量寺へ

去年の夏は青春18切符兵庫県の山陰側、香住に行きました。

その際、来年は串本に行こうか、と書きましたが、宣言通り、8月12日に串本まで行ってきました。

香住と串本は近畿の北端と南端、香住は大乗寺、串本は無量寺と応挙、蘆雪の寺があるという共通点があるのが面白いところです。

昨年、夕食が食べられなかったので、今年は串本に行く前に、紀伊田辺駅前にあるはま乃さんで、さんま寿司めはり寿司を買っておきました。

 

紀伊田辺からは乗り換えなしで串本駅に着きます。12時9分着。


昼は駅近くの萬口という店でかつお茶漬け。まんぷくコースは卵かけ付きです。


最初はお茶をかけず、次は茶漬け、最後は卵かけご飯と3種類のバラエティが楽しめます。


そこから潮岬へは自転車で行こうと思っていたのですが出払っていたのでバスで行くことにしましたが、それで正解だったと思います。



これは灯台の上から撮った写真。


近くの潮御崎神社。



ここから歩いてジオパークセンターへ。

途中で撮った写真ですが後ろに灯台が写っています。

バスで農協前まで戻り無量寺へ。応挙と蘆雪を見ることができました。



蘆雪の猫は目が変でした。


最後に串本天然温泉に入浴。硫黄臭の強い本格的な温泉でした。汗を流せて生き返った感じでした。


実はこの日は降水確率が60%という予報でしたが、これまでカンカン照りでした。しかし駅に着いて電車を待っているとシャワーのような雨がが降ってきたのには笑えました。


帰りの電車で行きに買っておいたさんま寿司めはり寿司を食べました。


帰りはダイヤが乱れたため家に帰ったのは23時過ぎでした。


読書記録「リベラルとは何か」

河野有理先生のツイートでこの本を知り読んでみました。

教えられるところも多かったのですが、
残念だったのは多様性のところ。
「イギリスのジャーナリスト、デヴィッドグッドハートによれば、
リベラルな社会では、人種や宗教にかかわらず、すべての人を平等に処遇し、すべての人に福祉や教育サービスを提供することが目指される。
ところが移民や難民の数が増え、民族的な多様性が増すにしたがって、これらの政策への支持を維持することは難しくなる」
とあるのはその通りで、民族的な多様性は現実的なものとなっています。もちろん日本でも。そうなると、多様性という抽象的なものを、いいとか悪いとか言っている場合ではなく、日本のどこでどういう多様性が現実化しており、それは今後、日本社会にどういう影響を与えるか、まで論じてほしかったと思うのですが、そこまでは全く踏み込んでいないのが残念でした。

大和西大寺駅の歴史的大事件

7月8日金曜日、この日は堺東区役所の法律相談があったため、事務所を11時半に出て、久しぶりに551の豚まんで昼食というパターンでした。

堺東区役所に着いて、スマホでニュースを見ているととんでもない事件の一報が。


さ、西大寺安倍晋三元総理が銃で撃たれただと…

奈良県は平和だと思っていたのに…

ただその思い込みが仇になったのですね。少なくとも後ろがガラ空きだったのはとんでもない大失態だと言わざるを得ません。


7月16日に西大寺に献花に行きました。



このような悲劇はもう二度と起こらないでほしいですね。



「大安寺のすべて」「観音のいます地 三輪と初瀬」

奈良国立博物館にて「大安寺のすべて」展が開催されています(6月19日まで)。
国宝が何点か出展されていますが、前期と後期それぞれに見たいと思ったものがあり、前期と後期、2回行くことにしました。
前期は4月23日に見に行きました。


そして後期は6月12日に見に行きました。この日は国立博物館の後で、天理市に新しくできた、なら歴史芸術村に行くことにしたため、車で行くことにしました。駐車場が心配でしたが、夢風ひろばの駐車場が空いていました。

ここは道路を渡ればすぐに国立博物館という便利な場所にあり、2000円買い物をすると2時間無料というありがたいシステムです。今後も利用しようと思います。

さて展示されていた物をいくつか。



上は本尊十一面観音、下は馬頭観音です。前期と後期で交代で展示されていました。馬頭観音はかなり前に大安寺に行った際に公開されていたので見たことがあります。ただ馬が頭上にないのに馬頭観音とはこれいかに。余談ですが馬頭観音で凄かったのは太宰府観世音寺のものです。


前期の国宝ではこの刺繍阿弥陀如来説法図が素晴らしかった。



後期ではこれ。この神護寺の釈迦如来像が見たくて後期も行ったのでした。



通期ではこの三神像。これは初めて見たのがどこかは忘れましたが、保存状態もよく、見飽きることがありません。今回も再会できて良かったです。


さてここから天理市のなら歴史芸術村に向かいます。

3月にオープンしたばかりで人気なのか、駐車場は満車でしたが、近くに臨時駐車場がありました。

池のほとりを5分くらい歩いて到着。

この展示を見に行きました。


以下、展示されていた十一面観音を。


これらの十一面を見て、思わず出たのが「こういうのでいいんだよ、こういうので」という孤独のグルメのセリフ。


これは同時に展示されていた聖林寺の十一面観音の模刻。

この国宝の素晴らしい十一面観音と、今回展示されていた十一面観音とでは、正直美術品としてのレベルは段違いなのですが、それでも精一杯の個性を主張しているのが楽しい。例えば3つ前の写真の十一面観音は、なんでこんな顔にしたのか、というように悪ガキのような感じだし、その次の写真のものは、何というかすごく軽い感じです。

この日、家に帰ると孤独のグルメの再放送があり、五郎がタンメンを食べて「こういうのでいいんだよ、こういうので」と言っていたのですが、今日見た十一面はそんな感じで、これらが並べて展示されていることで、ひときわ楽しい時間を過ごすことができました。

豊郷小学校旧校舎、大瀧神社、多賀大社

5月28日、急遽滋賀県に行くことを思いつき、近江八幡から近江鉄道に乗り、豊郷で下車して豊郷小学校に行き、さらに尼子から大滝神社、そして最後に多賀大社と回ってきました。

京都から新快速に乗りましたが、15分遅れ。ただ、もともと接続が悪かったので影響はありませんでした。白州正子の「近江山河抄」を旅の友にしました。

十一面観音巡礼とはまた違った味わいがあります。


近江八幡駅近江鉄道に乗り換え。


八日市駅で途中下車。ここには近江鉄道ミュージアムがありました。硬券の収納箱です。


ここから豊郷までは15分くらい。

豊郷駅から旧豊郷小学校までは徒歩で10分くらいでした。



このウサギとカメは駅から学校に行くまでにも見られました。


左側の建物がけいおんの展示室になっています。




40分間けいおんの世界を堪能し、ここから尼子駅まで一駅乗車し、予め調べてあったローズマリーで昼食。牛すじハンバーグというのをメニューで見て美味しそうだと思い注文しました。期待以上の美味しさでした。



尼子駅に戻り、バスで終点の富乃尾で下車し、大滝神社へ。川には滝がありますが、よく見えない。



この横手に犬上神社がありました。

さてここからは共栄社化学前というバス停まで歩きます。Googleマップによれば41分、この時点で14時でしたので15時18分のバスには十分間に合います。


途中から緩やかな登り坂になっていましたがひたすら歩きました。


このバス停を発見したときはとても嬉しかった。時間は14時50分。

このバス停から15時18分のバスに乗る予定でしたが14時56分と書いてありました。よく分からないのですがバスが来たのでそれに乗車。後で経由地違いのバス停だと分かりました。

多賀若宮で下車すれば良かったのですが、5分くらいで着いたので乗りすごしてしまい、中央公民館前で下車し引き返すことに。ただ、それでも15時2分着と当初予定のバスの発車時刻より早く、また御神田を見ることができました。

もう少し歩いて多賀大社

着いたら太鼓橋がありましたが、これは怖かった。特に下り。


境内に入ると壮大な社殿が。





名物の糸切餅を買って帰りました。