読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士大久保康弘のブログ

大阪の弁護士です。お問い合わせ、ご依頼はy-okubo@gf6.so-net.ne.jpまで

カロリーナ・コストナー@2017ヨーロッパ選手権

全米が終了して息つく暇もなくヨーロッパ選手権に突入してしまいました。

SPは現地でも平日午後の時間帯という、何でこの時間?と聞きたくなるような時間でしたが、おかげで日本では7時台にコストナー、そして23時台に最終グループとリアルタイムで見やすい時間帯となり、早く家に帰ってテレビで見ました。

最終グループのロシア勢の演技ももちろん楽しみですが、今シーズンはグランプリ2試合とファイナル、ロシア選手権と既に合計4回も見てますのでわくわくするような感じはありません。この大会での目玉は何と言ってもコストナーの復帰でしょう。

ランキングが低いため第2グループとかなり早い滑走順となりました。

そしてそのプログラムですが、曲を聞いて仰天。喜多郎の「雷鳴」と、モントルーのボンゾ、ですが聞いた時は「ボ、ボンゾ?」と耳を疑ってしまいました。

 「モントルーのボンゾ」はこのアルバムに収録されています。

コーダ(最終楽章)

コーダ(最終楽章)

 

 

そして演技。嵐のような風の音から太鼓の響き、そしてレッド・ツェッペリンジョン・ボーナムのドラムソロという流れで、ほぼ打楽器だけの音楽で滑りきるという、とんでもないプログラム。もともとユニークな選曲をする人で、ドアーズの「ライダーズ・オン・ストーム」など予想外の曲を選んだりしていましたが、まさかジョンボーナムのドラムソロを持ってくるとは。

ジャンプ構成は冒頭3T+3T、3Lo、後半に2Aと、今の時代にあっては平凡なものですが、このような一昔前のジャンプ構成で、何と72.40というスコアを出しています。TESは36.80ですがPCSが35.60と高得点。音楽の解釈が9点台です。

何と言ってもステップが凄い。さすがに女子のステップでかなり早くから唯一人、レベル4を獲得していた人だけのことはあります。とりわけ「モントルーのボンゾ」をバックにした動きの凄さ。ブレイクも見事に決まっていました。

いや早く帰ってリアルタイムで見てよかったです。

さてその他の選手ですが、第4、第5グループではフランスのルカビリエ、ハンガリーのトート選手がいい演技をしてフリーは最終グループ入り。

SP最終グループの注目は3人のロシア勢。人数制限がなければ6人くらい出てもおかしくないのですが、3枠で、それゆえ出てきた3人はすべて素晴らしい。ポゴリラヤ、ソツコワ、メドベデワと見事な演技でした。特にポゴリラヤがよかった。コストナーに比べて扱いが小さくて申し訳ありませんが、それだけコストナーの演技に仰天したヨーロッパ選手権でした。

 SPリザルト

http://www.isuresults.com/results/season1617/ec2017/SEG003.HTM